[スポンサーリンク]

ケムステニュース

岡大教授が米国化学会賞受賞

[スポンサーリンク]

 

宇根山健治教授岡山大工学部の宇根山健治教授が「米国化学会賞」を受賞することが決まった。マグネシウムを用い、炭素とフッ素の結合を容易に切り離す手法が評価された。医薬や農薬などへの応用が期待される。授賞式は来年3月にシカゴである。宇根山教授が開発したのは、炭素原子とフッ素原子3つが強く結合した化学物質から、フッ素原子1つを切り離す手法。新たなフッ素化合物を低コストで製造する可能性につながる(引用:中国新聞)。

 

  • 関連リンク

岡山大学工学部物質応用化学科分子設計学研究室

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  3. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  4. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  5. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  6. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  7. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  8. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  2. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  3. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  4. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】
  5. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに
  6. BASFとはどんな会社?-2
  7. 学振申請書の書き方とコツ
  8. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  9. コープ脱離 Cope Elimination
  10. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP