[スポンサーリンク]

ケムステニュース

岡大教授が米国化学会賞受賞

 

宇根山健治教授岡山大工学部の宇根山健治教授が「米国化学会賞」を受賞することが決まった。マグネシウムを用い、炭素とフッ素の結合を容易に切り離す手法が評価された。医薬や農薬などへの応用が期待される。授賞式は来年3月にシカゴである。宇根山教授が開発したのは、炭素原子とフッ素原子3つが強く結合した化学物質から、フッ素原子1つを切り離す手法。新たなフッ素化合物を低コストで製造する可能性につながる(引用:中国新聞)。

 

  • 関連リンク

岡山大学工学部物質応用化学科分子設計学研究室

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  2. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  3. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  4. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  5. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  6. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  7. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  8. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  2. 書物から学ぶ有機化学 3
  3. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  4. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  5. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  6. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  7. 円偏光スピンLEDの創製
  8. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  9. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  10. クリック反応の反応機構が覆される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光反応性ジアリジンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP