[スポンサーリンク]

ケムステニュース

岡大教授が米国化学会賞受賞

 

宇根山健治教授岡山大工学部の宇根山健治教授が「米国化学会賞」を受賞することが決まった。マグネシウムを用い、炭素とフッ素の結合を容易に切り離す手法が評価された。医薬や農薬などへの応用が期待される。授賞式は来年3月にシカゴである。宇根山教授が開発したのは、炭素原子とフッ素原子3つが強く結合した化学物質から、フッ素原子1つを切り離す手法。新たなフッ素化合物を低コストで製造する可能性につながる(引用:中国新聞)。

 

  • 関連リンク

岡山大学工学部物質応用化学科分子設計学研究室

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  2. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  3. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  4. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試…
  5. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  6. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  7. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを…
  8. オカモトが過去最高益を記録

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カセロネス鉱山
  2. リンと窒素だけから成る芳香環
  3. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  4. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  5. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  6. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  7. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  8. 植村酸化 Uemura Oxidation
  9. ペンタレネン Pentalenene
  10. 祝100周年!ー同位体ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP