[スポンサーリンク]

ケムステニュース

岡大教授が米国化学会賞受賞

 

宇根山健治教授岡山大工学部の宇根山健治教授が「米国化学会賞」を受賞することが決まった。マグネシウムを用い、炭素とフッ素の結合を容易に切り離す手法が評価された。医薬や農薬などへの応用が期待される。授賞式は来年3月にシカゴである。宇根山教授が開発したのは、炭素原子とフッ素原子3つが強く結合した化学物質から、フッ素原子1つを切り離す手法。新たなフッ素化合物を低コストで製造する可能性につながる(引用:中国新聞)。

 

  • 関連リンク

岡山大学工学部物質応用化学科分子設計学研究室

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  2. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  3. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  4. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  7. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  8. 経営統合のJXTGホールディングスが始動

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  2. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  3. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  4. アラン・マクダイアミッド氏死去
  5. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  6. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  7. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  9. ノーベル化学賞明日発表
  10. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP