[スポンサーリンク]

ケムステニュース

岡大教授が米国化学会賞受賞

[スポンサーリンク]

 

宇根山健治教授岡山大工学部の宇根山健治教授が「米国化学会賞」を受賞することが決まった。マグネシウムを用い、炭素とフッ素の結合を容易に切り離す手法が評価された。医薬や農薬などへの応用が期待される。授賞式は来年3月にシカゴである。宇根山教授が開発したのは、炭素原子とフッ素原子3つが強く結合した化学物質から、フッ素原子1つを切り離す手法。新たなフッ素化合物を低コストで製造する可能性につながる(引用:中国新聞)。

 

  • 関連リンク

岡山大学工学部物質応用化学科分子設計学研究室

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オカモトが過去最高益を記録
  2. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…
  3. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  4. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  5. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を…
  8. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文執筆&出版を学ぶポータルサイト
  2. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  3. タンパクの「進化分子工学」とは
  4. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  5. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson
  6. 磁力で生体触媒反応を制御する
  7. OMCOS19に参加しよう!
  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  9. クロスカップリング反応関連書籍
  10. 59年前製造の『ヒロポン』陳列

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP