[スポンサーリンク]

ケムステニュース

特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成

特許の側面から競争激しい産業技術の相互関係が一目でわかるように描いた「特許地図」を、ベンチャー企業「サイヴァクス」(東京都中央区)が開発した。関連特許が多く注目度が高い技術分野は山や山脈に、ユニークさが際だつ分野は島のように表される。知的財産戦略や研究戦略を練り、研究開発の大海原を旅する上で、有力な道具になりそうだ。
例えば、世界の公開特許約3000件を使ったカーボンナノチューブの特許地図では、NECが触媒に関する「特許山脈」を形作っていることが分かる。燃料電池への応用ではソニー、ディスプレーへの応用では韓国のサムスンが多くの関連特許を持っている。
 また、サッカーボール型炭素分子C60の発見でノーベル化学賞を受けたリチャード・スモーリー博士のいる米ライス大学が、ナノチューブでも一大勢力になっていることも見て取れる。(引用:朝日新聞)

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  2. 化学 2005年7月号
  3. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん
  4. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  5. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  6. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  7. 肩こりにはラベンダーを
  8. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生合成を模倣した有機合成
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  3. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  5. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  6. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  7. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
  8. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  9. トイレから学ぶ超撥水と超親水
  10. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP