[スポンサーリンク]

ケムステニュース

万有製薬、つくば研究所を閉鎖

[スポンサーリンク]

万有製薬(東京都千代田区、マーク・ティムニー社長、03・6272・1000)は23日、つくば研究所を09年12月までに閉鎖すると発表した。親会社である米メルクの基礎研究に関するグローバル戦略の一環。つくば研究所で行っていた基礎研究はほかの研究拠点に移管する。つくば研究所に勤務している450人の処遇については検討中。
メルクは新戦略で、糖尿病・肥満、動脈硬化・循環器系疾患、筋骨格系・呼吸器系・免疫系・内分泌系疾患、がん、ニューロサイエンス・眼疾患、ワクチン、感染症の領域別に1拠点体制にすることを決めた。基礎研究部門は前臨床・臨床開発部門と同じ拠点で研究を進め、開発のスピードアップを図る。新戦略のもと基礎研究拠点は統合され、09年12月までに米国のシアトル、イタリアのローマの拠点も閉鎖される予定(引用:日刊工業新聞)。

2006年のグラクソスミスクライン筑波研究所、2007年のファイザー製薬中央研究所に続き、2008年はなんと万有製薬(メルク)のつくば研究所が閉鎖されるという事態に落ちリました。どうした製薬会社!特に外資系!

万有製薬はいわずとしれた世界第二位のメルクに買収され子会社となった製薬会社です。2005年、非常に売れ筋商品であった、バイオックス(VIOX、上図、COX2選択的阻害剤)の副作用により自己回収に追い込まれた後、バイオックスを用いて死亡した遺族による訴訟により、遺族に280億円の支払いを命じる判決がでました。その後も多くの訴訟に敗訴し、世界第二位の製薬企業が一時期傾きました。

それから3年、高脂血症治療薬アナセトラピブ(anacetrapib)の開発にも好調で、日本では新しい糖尿病治療薬であるジャヌビア(DPPIV inhibitor)の発売も予定されていただけに、ショッキングなニュースでした。

 

なによりも日本の製薬業界で研究を行うことを目指している若者にとってこのような出来事が多すぎる気がします。また、有機化学を専門とする若手研究者がアメリカで講演旅行できるメルク万有講演賞(MBLA)はどうなるのでしょうか。あの賞はアメリカでも非常に人気で、日本の若手の名前や力を示す絶好の賞であり、若手研究者の目指すところでもありました。是非続けてほしいものです。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  2. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019…
  3. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  4. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  5. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  6. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  7. 吉岡里帆さんが出演する企業ブランド広告の特設サイト「DIC岡里帆…
  8. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction
  2. 有機スペクトル解析ワークブック
  3. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  4. 就職か進学かの分かれ道
  5. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  6. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  7. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  8. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  9. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  10. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

注目情報

最新記事

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子

UiO-66 は六核ジルコニウムオキシクラスターを SBU に持ち、高い熱安定性 · 化学安定性を示…

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP