[スポンサーリンク]

ケムステニュース

万有製薬、つくば研究所を閉鎖

[スポンサーリンク]

万有製薬(東京都千代田区、マーク・ティムニー社長、03・6272・1000)は23日、つくば研究所を09年12月までに閉鎖すると発表した。親会社である米メルクの基礎研究に関するグローバル戦略の一環。つくば研究所で行っていた基礎研究はほかの研究拠点に移管する。つくば研究所に勤務している450人の処遇については検討中。
メルクは新戦略で、糖尿病・肥満、動脈硬化・循環器系疾患、筋骨格系・呼吸器系・免疫系・内分泌系疾患、がん、ニューロサイエンス・眼疾患、ワクチン、感染症の領域別に1拠点体制にすることを決めた。基礎研究部門は前臨床・臨床開発部門と同じ拠点で研究を進め、開発のスピードアップを図る。新戦略のもと基礎研究拠点は統合され、09年12月までに米国のシアトル、イタリアのローマの拠点も閉鎖される予定(引用:日刊工業新聞)。

2006年のグラクソスミスクライン筑波研究所、2007年のファイザー製薬中央研究所に続き、2008年はなんと万有製薬(メルク)のつくば研究所が閉鎖されるという事態に落ちリました。どうした製薬会社!特に外資系!

万有製薬はいわずとしれた世界第二位のメルクに買収され子会社となった製薬会社です。2005年、非常に売れ筋商品であった、バイオックス(VIOX、上図、COX2選択的阻害剤)の副作用により自己回収に追い込まれた後、バイオックスを用いて死亡した遺族による訴訟により、遺族に280億円の支払いを命じる判決がでました。その後も多くの訴訟に敗訴し、世界第二位の製薬企業が一時期傾きました。

それから3年、高脂血症治療薬アナセトラピブ(anacetrapib)の開発にも好調で、日本では新しい糖尿病治療薬であるジャヌビア(DPPIV inhibitor)の発売も予定されていただけに、ショッキングなニュースでした。

 

なによりも日本の製薬業界で研究を行うことを目指している若者にとってこのような出来事が多すぎる気がします。また、有機化学を専門とする若手研究者がアメリカで講演旅行できるメルク万有講演賞(MBLA)はどうなるのでしょうか。あの賞はアメリカでも非常に人気で、日本の若手の名前や力を示す絶好の賞であり、若手研究者の目指すところでもありました。是非続けてほしいものです。

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  2. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  3. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  4. 書籍「Topics in Current Chemistry」が…
  5. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、…
  6. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  7. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  8. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  2. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
  3. ハロゲン原子の受け渡しを加速!!新規ホウ素触媒による触媒的ハロゲンダンス
  4. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  5. フランク・グローリアス Frank Glorius
  6. Classics in Total Synthesis
  7. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  8. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法
  9. ベンザイン Benzyne
  10. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP