[スポンサーリンク]

ケムステニュース

万有製薬、つくば研究所を閉鎖

[スポンサーリンク]

万有製薬(東京都千代田区、マーク・ティムニー社長、03・6272・1000)は23日、つくば研究所を09年12月までに閉鎖すると発表した。親会社である米メルクの基礎研究に関するグローバル戦略の一環。つくば研究所で行っていた基礎研究はほかの研究拠点に移管する。つくば研究所に勤務している450人の処遇については検討中。
メルクは新戦略で、糖尿病・肥満、動脈硬化・循環器系疾患、筋骨格系・呼吸器系・免疫系・内分泌系疾患、がん、ニューロサイエンス・眼疾患、ワクチン、感染症の領域別に1拠点体制にすることを決めた。基礎研究部門は前臨床・臨床開発部門と同じ拠点で研究を進め、開発のスピードアップを図る。新戦略のもと基礎研究拠点は統合され、09年12月までに米国のシアトル、イタリアのローマの拠点も閉鎖される予定(引用:日刊工業新聞)。

2006年のグラクソスミスクライン筑波研究所、2007年のファイザー製薬中央研究所に続き、2008年はなんと万有製薬(メルク)のつくば研究所が閉鎖されるという事態に落ちリました。どうした製薬会社!特に外資系!

万有製薬はいわずとしれた世界第二位のメルクに買収され子会社となった製薬会社です。2005年、非常に売れ筋商品であった、バイオックス(VIOX、上図、COX2選択的阻害剤)の副作用により自己回収に追い込まれた後、バイオックスを用いて死亡した遺族による訴訟により、遺族に280億円の支払いを命じる判決がでました。その後も多くの訴訟に敗訴し、世界第二位の製薬企業が一時期傾きました。

それから3年、高脂血症治療薬アナセトラピブ(anacetrapib)の開発にも好調で、日本では新しい糖尿病治療薬であるジャヌビア(DPPIV inhibitor)の発売も予定されていただけに、ショッキングなニュースでした。

 

なによりも日本の製薬業界で研究を行うことを目指している若者にとってこのような出来事が多すぎる気がします。また、有機化学を専門とする若手研究者がアメリカで講演旅行できるメルク万有講演賞(MBLA)はどうなるのでしょうか。あの賞はアメリカでも非常に人気で、日本の若手の名前や力を示す絶好の賞であり、若手研究者の目指すところでもありました。是非続けてほしいものです。

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  2. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  3. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも…
  4. 2008年10大化学ニュース2
  5. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  6. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  7. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  8. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ
  2. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  3. 生きたカタツムリで発電
  4. 【医薬分野のみなさま向けウェブセミナー】マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開
  5. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  6. 金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子
  7. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  8. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  9. 分子構造を 3D で観察しよう (2)
  10. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に

7月に日本で開催される国際化学オリンピックを盛り上げようと、プレイベント「化学との出会い 未来を拓(…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻

「実験大好き化学者も、デスクワークを快適化しようよ」な文具コーナーです。かなり久々の執筆で恐縮です。…

4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

第 296 回のスポットライトリサーチは、東京大学塩谷研究室で博士号を取得され、現在は京都大学寺西研…

ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

<内容>ご好評につき、先月と同じ内容のウェブセミナーを開催!事業・開発課題の一ソリュ…

銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

Tshozoです。先日ケムステスタッフの方が気になる関連論文を紹介されていましたので書くこととしまし…

富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

ケムステVシンポとともにケムステオンライン講演会の両輪をなすケムステVプレミアクチャー(Vプレレク)…

ホウ素でがんをやっつける!

「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP