[スポンサーリンク]

ケムステニュース

万有製薬、つくば研究所を閉鎖

[スポンサーリンク]

万有製薬(東京都千代田区、マーク・ティムニー社長、03・6272・1000)は23日、つくば研究所を09年12月までに閉鎖すると発表した。親会社である米メルクの基礎研究に関するグローバル戦略の一環。つくば研究所で行っていた基礎研究はほかの研究拠点に移管する。つくば研究所に勤務している450人の処遇については検討中。
メルクは新戦略で、糖尿病・肥満、動脈硬化・循環器系疾患、筋骨格系・呼吸器系・免疫系・内分泌系疾患、がん、ニューロサイエンス・眼疾患、ワクチン、感染症の領域別に1拠点体制にすることを決めた。基礎研究部門は前臨床・臨床開発部門と同じ拠点で研究を進め、開発のスピードアップを図る。新戦略のもと基礎研究拠点は統合され、09年12月までに米国のシアトル、イタリアのローマの拠点も閉鎖される予定(引用:日刊工業新聞)。

2006年のグラクソスミスクライン筑波研究所、2007年のファイザー製薬中央研究所に続き、2008年はなんと万有製薬(メルク)のつくば研究所が閉鎖されるという事態に落ちリました。どうした製薬会社!特に外資系!

万有製薬はいわずとしれた世界第二位のメルクに買収され子会社となった製薬会社です。2005年、非常に売れ筋商品であった、バイオックス(VIOX、上図、COX2選択的阻害剤)の副作用により自己回収に追い込まれた後、バイオックスを用いて死亡した遺族による訴訟により、遺族に280億円の支払いを命じる判決がでました。その後も多くの訴訟に敗訴し、世界第二位の製薬企業が一時期傾きました。

それから3年、高脂血症治療薬アナセトラピブ(anacetrapib)の開発にも好調で、日本では新しい糖尿病治療薬であるジャヌビア(DPPIV inhibitor)の発売も予定されていただけに、ショッキングなニュースでした。

 

なによりも日本の製薬業界で研究を行うことを目指している若者にとってこのような出来事が多すぎる気がします。また、有機化学を専門とする若手研究者がアメリカで講演旅行できるメルク万有講演賞(MBLA)はどうなるのでしょうか。あの賞はアメリカでも非常に人気で、日本の若手の名前や力を示す絶好の賞であり、若手研究者の目指すところでもありました。是非続けてほしいものです。

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  2. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功
  3. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  4. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  5. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  6. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  7. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  8. 理研の研究グループがアスパラガスの成分を分析、血圧降下作用がある…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  2. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  3. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  4. ジボラン(diborane)
  5. 天然物界70年の謎に終止符
  6. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  7. 【書籍】10分間ミステリー
  8. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  9. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  10. アゾ化合物シストランス光異性化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

注目情報

最新記事

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP