[スポンサーリンク]

ケムステニュース

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

[スポンサーリンク]

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル賞」の2020年度受賞研究が発表されました。2020年度は京都大学霊長類研究所の西村剛准教授が「ヘリウムを吸ったワニの鳴き声はどう変わるのか」という研究によって「音響学賞」を受賞しており、日本人の受賞は14年連続となりました。9月18日Gigazine

イグノーベル賞2020が発表されましたが化学賞はありませんでした。以上。

これだけでは寂しいので、今回のイグノーベル賞について紹介したいと思います。

例年、イグノーベル賞の授賞式はハーバード大学のメモリアルホールで行われていますが、今回はコロナウィルスの影響で完全にオンラインで行われました。ノーベル賞の場合には6分野に決まっていますが、イグノーベル賞は、年によって分野が変わるようで2020年だけでなく2017年も化学賞はありませんでした。

では、いくつかの興味深いイグノーベル賞を紹介します。

まず、イグノーベル音響賞では、「A Chinese alligator in heliox: formant frequencies in a crocodilian(ヘリオックス中のヨウスコウワニ:ワニのフォルマントの周波数)」という研究内容で、京都大学霊長類研究所の西村剛准教授を含む5人が受賞しました。人間は、声道の共鳴によって声を発していますが、ワニが同様の方法で声を発しているかを確認するためにヘリオックス=空気とヘリウムの混合ガスを使って調べたという内容です。工夫した点はワニにガスを吸わせる方法で、箱の中にワニと水を入れて、水を追加注入することで空気とヘリオックスを置換して吸わせたそうです。

結果、ヘリオックスを雰囲気下では周波数の上昇がみられ、声道の共鳴によって鳴き声を発していることが分かりました。

測定結果、AirとHelioxで特定の鳴き声の周波数が増加していることがわかる。(出典:A Chinese alligator in heliox: formant frequencies in a crocodilian

物理学賞は、「Excitation of Faraday-like body waves in vibrated living earthworms(振動を受けた生きたミミズのファラデー波のような体の動きの励起)」という研究内容で、オーストラリアのSwinburne University of TechnologyのIvan Maksymov博士とAndriy Pototsky博士が受賞しました。ファラデー波とは水を入れた容器を鉛直方向に一定の振動数で動かすと、水面に定常波のパターンが出現するという現象で、これが液体を多く含むミミズでも観測できないか調べたそうです。実験パートでは、垂直に振動するプレートの上にミミズを置いてレーザーと光検出器でファラデー波の観測を行いました。また、理論パートでは、ミミズを流体で満たされた弾性円筒形の殻としてモデル化することに成功しました。両博士はおそろいのミミズのTシャツを着て参加されていて、研究への情熱が感じられました。

観測された波、40Hzは機械からの振動で、20Hz付近のピークがミミズ自身の振動に相当する。(出典:Excitation of Faraday-like body waves in vibrated living earthworms

化学に最も近いマテリアルサイエンス賞は、大変なものを題材にした研究が受賞したので、題名のみ紹介します。「Experimental Replication Shows Knives Manufactured from Frozen Human Feces Do Not Work」これはもちろん投稿論文に発表された内容で、授賞式に参加された共著者もいたって普通の方々でした。

イグノーベル賞は純粋な科学研究のみに贈られると思われがちですが、社会的事件についてもイグノーベル賞で取り上げられていて、今回は、コロナウィルスの関係で各国の大統領などもイグノーベル賞を受賞しています。当然、登場もしません。個人的には、イグノーベル賞は純粋に面白い研究のみに贈られてほしいと思います。今回、イグノーベル賞を受賞された方々、おめでとうございます!

繰り返しになりますが2020年はイグノーベル化学賞はありませんでした。しかし、これからノーベル化学賞のシーズンに入ります。社会全体が暗い雰囲気になっている中、今年のノーベル賞発表が明るい話題の一つになればと思います。

関連書籍

関連リンクとイグノーベル賞に関連するケムステ過去記事

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 肩こりにはラベンダーを
  2. コーラから発がん物質?
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  5. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  6. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  7. 平成をケムステニュースで振り返る
  8. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  2. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  3. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  4. 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表
  5. 2016年9月の注目化学書籍
  6. タミフルの新規合成法・その3
  7. グレーサー反応 Glaser Reaction
  8. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)
  9. あなたの体の中の”毒ガス”
  10. 遠藤守信 Morinobu Endo

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP