[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用いられるようになった。より高次なピラーアレーンや[5]、誘導化したピラーアレーン、そしてその利用に関連した報告は、初の報告から指数関数的に増…

  2. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  3. マツタケオール mushroom alcohol

    (慣用名)マツタケオール、IUPAC名:1-オクテン-3-オール(1-octen-3-ol)は松茸の…

  4. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  5. アスパラプチン Asparaptine

    アスパラプチンは、アスパラガス(Asparagus
 officinalis
)…

  6. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

  7. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  8. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  9. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  10. フルエッギン Flueggine

  11. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  12. ペンタレネン Pentalenene

  13. シラン Silane

  14. ヘロナミドA Heronamide A

  15. シクロクラビン cycloclavine

  16. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  2. Nature Chemistry:Research Highlight
  3. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  4. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化
  5. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  6. ヘテロ ディールス・アルダー反応 Hetero Diels-Alder Reaction
  7. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP