[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. フィブロイン Fibroin

    フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。 (さらに…)…

  2. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】

    突然ですが、問題です!オリーブオイルの主成分の素であるオレイン酸の構造はどれ?さ…

  3. 嗚呼、美しい高分子の世界

    先日、美しい分子構造の高分子が合成できた為、研究室内で自慢していたところ、ラボメートに言われた一言、…

  4. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタ…

  5. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

  6. IGZO

  7. ククルビットウリル Cucurbituril

  8. ピラーアレーン

  9. シアノスター Cyanostar

  10. マツタケオール mushroom alcohol

  11. 塩化ラジウム223

  12. アスパラプチン Asparaptine

  13. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

  14. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  15. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  16. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メタンガスと空気からメタノールを合成する
  2. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  3. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  4. 理系の海外大学院・研究留学記
  5. ノーベル賞いろいろ
  6. 次なる新興感染症に備える
  7. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

PAGE TOP