[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファスの薄膜で、高硬質、低摩擦、高撥水性、生体親和性などの特徴があり、様々な製品に使われ始めている。DLCとは炭素の素材といえば、グラフ…

  2. IGZO

    インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

  3. ククルビットウリル Cucurbituril

    ククルビットuril, CBn)とは、グリコウリル構造をホルムアルデヒドで連結させることで得られる環…

  4. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用…

  5. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  6. マツタケオール mushroom alcohol

  7. 塩化ラジウム223

  8. アスパラプチン Asparaptine

  9. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

  10. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  11. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  12. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  13. フルエッギン Flueggine

  14. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  15. ペンタレネン Pentalenene

  16. シラン Silane

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida
  2. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  3. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  4. EUで化学物質規制のREACHが施行
  5. 軽量・透明・断熱!エアロゲル(aerogel)を身近に
  6. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  7. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP