[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界

    先日、美しい分子構造の高分子が合成できた為、研究室内で自慢していたところ、ラボメートに言われた一言、二言。「へぇ〜。まあかっこいいかもしれないけど、その物性は?」「物性に特徴がないなら意味がないよね。」……はい。高分子に限らず、…

  2. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

    突然ですが、問題です! 第一問 抗酸化作用を持ち、老化防止に効果があると言われているビタ…

  3. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

  4. IGZO

    インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

  5. ククルビットウリル Cucurbituril

    ククルビットuril, CBn)とは、グリコウリル構造をホルムアルデヒドで連結させることで得られる環…

  6. ピラーアレーン

  7. シアノスター Cyanostar

  8. マツタケオール mushroom alcohol

  9. 塩化ラジウム223

  10. アスパラプチン Asparaptine

  11. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

  12. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  13. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  14. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  15. フルエッギン Flueggine

  16. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  2. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group
  3. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  4. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  5. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  6. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー
  7. 史上最強の塩基が合成される

注目情報

最新記事

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

PAGE TOP