[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. ダイヤモンドライクカーボン

    ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファスの薄膜で、高硬質、低摩擦、高撥水性、生体親和性などの特徴があり、様々な製品に使われ始めている。DLCとは炭素の素材といえば、グラフ…

  2. IGZO

    インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

  3. ククルビットウリル Cucurbituril

    ククルビットuril, CBn)とは、グリコウリル構造をホルムアルデヒドで連結させることで得られる環…

  4. ピラーアレーン

    概要ジメトキシピラーarene)と呼称する。ジメトキシピラーから、超分子化学で広く用…

  5. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  6. マツタケオール mushroom alcohol

  7. 塩化ラジウム223

  8. アスパラプチン Asparaptine

  9. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ

  10. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  11. ポリ乳酸 Polylactic Acid

  12. 亜酸化窒素 Nitrous oxide

  13. フルエッギン Flueggine

  14. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)

  15. ペンタレネン Pentalenene

  16. シラン Silane

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 痔治療の新薬で大臣賞 経産省が起業家表彰
  2. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  3. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  4. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  5. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science Dictionary
  6. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  7. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP