[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

    ジフェニルオクタテトラエン(1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)は、マーティン・カープラス氏と、アリー・ワーシェル氏が、量子力学と分子力学を組み合わせた方法を、実際に適用した最初の報告にある分子のうち、最も複雑で分子量の大きなもの。

  2. グルコース (glucose)

    グルコースは、炭素数6で六員環を持つ単糖のひとつ。ブドウ糖とも呼ばれます。

  3. サリチル酸 (salicylic acid)

    サリチル酸はオルト位にヒドロキシ基とカルボキシル基を持つベンゼン置換体。鎮痛消炎薬の原料になります。植物免疫を仲介する植物ホルモンとしての役割が明らかにされました。

  4. アルゴン (argon; Ar)

    アルゴンは、常温常圧下、単原子分子として存在する。窒素分子、酸素分子に次いで、アルゴン分子は、空気中で3番目に多く含まれる気体。

  5. キセノン (xenon; Xe)

    キセノンは単原子分子として存在する常温気体。希ガスであるものの化合物を作ります。麻酔作用があります。

  6. ヘリウム (helium; He)

  7. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  8. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  9. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  10. オーラノフィン (auranofin)

  11. ヘキサン (hexane)

  12. ヒノキチオール (hinokitiol)

  13. ボルテゾミブ (bortezomib)

  14. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)

  15. 酢酸ビニル (vinyl acetate)

  16. オリンピセン (olympicene)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman
  2. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  3. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  4. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  5. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  6. コロナワクチン接種の体験談【化学者のつぶやき】
  7. 世界初の有機蓄光

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

PAGE TOP