[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

化学者の世界的組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」(事務局・米ノースカロライナ州)は30日、副会長の松本和子・早稲田大教授が「一身上の都合により、副会長職を直ちに辞任したい」と伝えてきたと発表した。

 10月の定例会議で対応を検討する。

 松本教授は、研究費不正受給問題などの責任を取る形で先月、早大に辞表を提出(受理は保留)。すべての公職を辞任する意向を明らかにしている。

 同連合では、副会長は2年間務めた後、会長になる決まりで、初の女性会長が誕生するはずだった。異例の事態を受け、来年8月に次期会長と副会長の選挙を別々に行う見込みだという。(引用:読売新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  2. 米メルク、業績低迷長期化へ
  3. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  4. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  5. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  6. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  7. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  8. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文執筆ABC
  2. リガンド革命
  3. Happy Mole Day to You !!
  4. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  5. 化学にインスパイアされたジュエリー
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  7. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  8. 世界が終わる日までビスマス
  9. 小林 修 Shu Kobayashi
  10. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP