[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

化学者の世界的組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」(事務局・米ノースカロライナ州)は30日、副会長の松本和子・早稲田大教授が「一身上の都合により、副会長職を直ちに辞任したい」と伝えてきたと発表した。

 10月の定例会議で対応を検討する。

 松本教授は、研究費不正受給問題などの責任を取る形で先月、早大に辞表を提出(受理は保留)。すべての公職を辞任する意向を明らかにしている。

 同連合では、副会長は2年間務めた後、会長になる決まりで、初の女性会長が誕生するはずだった。異例の事態を受け、来年8月に次期会長と副会長の選挙を別々に行う見込みだという。(引用:読売新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘリウム不足再び?
  2. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  3. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  4. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  5. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…
  6. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  7. 富大工学部実験研究棟で火事
  8. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学工場災害事例 ~爆発事故に学ぶ~
  2. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  3. 有名研究者の論文であったとしても
  4. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  5. 最近の有機化学注目論文3
  6. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling
  7. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  8. デスソース
  9. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  10. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP