[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

[スポンサーリンク]

化学者の世界的組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」(事務局・米ノースカロライナ州)は30日、副会長の松本和子・早稲田大教授が「一身上の都合により、副会長職を直ちに辞任したい」と伝えてきたと発表した。

 10月の定例会議で対応を検討する。

 松本教授は、研究費不正受給問題などの責任を取る形で先月、早大に辞表を提出(受理は保留)。すべての公職を辞任する意向を明らかにしている。

 同連合では、副会長は2年間務めた後、会長になる決まりで、初の女性会長が誕生するはずだった。異例の事態を受け、来年8月に次期会長と副会長の選挙を別々に行う見込みだという。(引用:読売新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発
  2. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  3. 富大工学部実験研究棟で火事
  4. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  5. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  6. 2011年10大化学ニュース【後編】
  7. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  8. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  2. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  3. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  4. Carl Boschの人生 その2
  5. 光触媒で抗菌・消臭 医療用制服、商品化へ 豊田通商 万博採用を機に
  6. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  7. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  8. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  9. ケムステイブニングミキサー2016へ参加しよう!
  10. 名城大教授ら会社設立 新素材販売

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP