[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

    自然界に存在するポルフィリンporphyrins(Ps)とその類縁体であるフタロシアニンphthalocyanines(Pcs)は、最も良く研究されている大環状化合物である。その歴史を遡るとWoodwardらによるsapphyrinの合成に…

  2. クレアチン creatine 

    クレアチン(creatine)別名:メチルグアニジノ酢酸 (さらに&…

  3. フタロシアニン phthalocyanine

    フタロシアニン(Phthalocyanine)は、ポルフィリンのメソ位の炭素が窒素に置き換わった…

  4. アスタキサンチン (astaxanthin)

    アスタキサンチンは節足動物に含まれる色素分子。エビやカニなどの甲殻類を茹でると赤くなる現象は、この色素のため。サケやフラミンゴの色は、餌として摂取した甲殻類のアスタキサンチンに由来します。

  5. ミック因子 (Myc factor)

    ミック因子は、リン酸などの土壌ミネラルを運ぶことができる菌根菌から分泌されて、植物に認識される「共生しようよ」のメッセージになる分子。

  6. ノッド因子 (Nod factor)

  7. ブラシノステロイド (brassinosteroid)

  8. メラトニン melatonin

  9. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)

  10. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)

  11. アコニチン (aconitine)

  12. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

  13. チアミン (thiamin)

  14. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)

  15. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  16. ゲオスミン(geosmin)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis
  2. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  3. 結晶世界のウェイトリフティング
  4. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  5. ケムステイブニングミキサー2019に参加しよう!
  6. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  7. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5,7-Triazabicyclo[4.4.0]dec-5-ene

注目情報

最新記事

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

PAGE TOP