[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. 水 (water, dihydrogen monoxide)

    1個の水分子は、1個の酸素原子と2個の水素分子を持ちます。

  2. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

    二フッ化酸素は、無色の常温気体。二フッ化酸素の場合、フッ素原子の酸化数が「-1」なので、酸素原子の酸化数は「+2」です。

  3. ペリプラノン

    注 ペリプラノンは誘因フェロモンではありませんペリプラノンはワモンゴキブリ(英名…

  4. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)

    N-エチルマレイミドは、生化学実験などの場面で使われる試薬。N-エチルマレイミド感受性因子の同定がきっかけになって、小胞による細胞内物質輸送における膜融合の分子機構が解明されました。

  5. ゲラニオール

    ゲラニオールはイソプレン単位が二つの直鎖状モノテルペンの一種です。ヒドロキシ基が一つあるのでアル…

  6. カンファー(camphor)

  7. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)

  8. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

  9. グルコース (glucose)

  10. サリチル酸 (salicylic acid)

  11. アルゴン (argon; Ar)

  12. キセノン (xenon; Xe)

  13. ヘリウム (helium; He)

  14. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

  15. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

  16. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  2. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジカル電池を開発
  3. B≡B Triple Bond
  4. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  5. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  6. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  7. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

PAGE TOP