[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. ユーコミン酸 (eucomic acid)

    オイコム酸は就眠運動するマメ科植物ミヤコグサ覚醒物質。

  2. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)

    ソラノエクレピンAは、ジャガイモの水耕栽培液から単離された、ジャガイモシストセンチュウ休眠覚醒成分。

  3. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

    ベンゼン溶液およびマイナス75度程度以下の低温においては、多くがトリメチルアルミニウムの二量体として存在する。この二量体分子に見られるメチル橋かけ結合は、三中心二電子結合のひとつであり、炭素原子は5方向に結合の手をのばしていることになる。

  4. カルボラン carborane

    カルボランとは、ホウ素原子Bと炭素原子Cを正二十面体の各頂点に含む分子のことです。

  5. バトラコトキシン (batrachotoxin)

    バトラコトキシンは、毒を持つ唯一の鳥、ピトフーイに含まれる神経毒。ナトリウムチャネルに作用し、開きっぱなしの状態にさせる作用を持ちます。

  6. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)

  7. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin

  8. A-ファクター A-factor

  9. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll

  10. リコペン / Lycopene

  11. アピオース apiose

  12. ジブロモインジゴ dibromoindigo

  13. シラフィン silaffin

  14. モリブドプテリン (molybdopterin)

  15. ストリゴラクトン : strigolactone

  16. グルタミン酸 / Glutamic Acid

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent
  2. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  4. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法
  7. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP