[スポンサーリンク]


身のまわりの分子

  1. カプロラクタム (caprolactam)

    カプロラクタムはナイロンの原材料材料となる分子。

  2. ギ酸 (formic acid)

    ギ酸は炭素数1の還元性を持つカルボン酸。アリから発見されました。

  3. カスガマイシン (kasugamycin)

    カスガマイシンとは、奈良県の春日大社の土壌サンプルに見られた放線菌のなかまが産生していた抗生物質。イネいもち病の防除に優れた効き目を持ち、長年にわたり農薬として使われてきました。

  4. シラフルオフェン (silafluofen)

    シラフルオフェンは、ケイ素原子を含んだ構造が特有な、農業害虫の駆除で使われる殺虫剤。除虫菊の殺虫成分であるピレスリンの構造を真似た上で、魚への毒性などのぞまない副作用を避けるように改良されて誕生しました。

  5. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammonium)

    テトラメチルアンモニウムは、最も構造が単純な第4級アンモニウム。分子のかたちが神経調節物質であるアセチルコリンと似ているため神経毒性があり、巻貝のエゾボラはテトラメチルアンモニウムを含有することが知られています。

  6. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)

  7. ヨードホルム (iodoform)

  8. ロドデノール (rhododenol)

  9. デルフチバクチン (delftibactin)

  10. ミヤコシンA (miyakosyne A)

  11. ユーコミン酸 (eucomic acid)

  12. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)

  13. トリメチルアルミニウム trimethylalminum

  14. カルボラン carborane

  15. バトラコトキシン (batrachotoxin)

  16. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  2. ボルテゾミブ (bortezomib)
  3. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  4. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  5. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  6. 元素のふしぎ展に行ってきました
  7. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

PAGE TOP