[スポンサーリンク]

一般的な話題

海外で働いている僕の体験談

[スポンサーリンク]

 

アメリカ長期留学をする上で一番お手軽な方法のひとつにサイエンス分野でのPh.D.コースに進学するというのがあります。これははっきりいって、理系学生の特権的なシステムだと思うのですが、意外と知られていなくてネットにもあまり情報がないような感じです。

僕はこのシステムでアメリカの某大学に留学しています。留学の準備の際に色々なネットで情報を収集していたのですが、なかなか新しくてぴったり来る情報にたどり着くのが大変でした。そんな訳で僕の体験を通じてこの情報を共有していければと思います。

はじめにどこからスタートすればいいか迷ったのですが、自己紹介的に渡辺千賀さんのエントリ「海外で働いている人の体験談募集」がまとまっていて良かったのでこれを使わせてもらおうかと思います。(かなり今さらなタイミングではありますが(笑))

1. 今いる国

アメリカ合衆国

 

2. 今の勤務先の業種・本社所在地

アメリカの某大学です。

 

3. 今している仕事の職種

ケミストリーの大学院生。Research Assistantshipといって、日々の研究をすることにより給料がもらえるような感じです。Research Assistantshipがもらえるまでは、Teaching Assistantshipをしていました。これは学部生の授業をしたり、授業の試験の作成、採点などの仕事でした。

 

4. 今のワークライフバランス(仕事時間、私用の時間の取りやすさ、休暇の取りやすさなどなど)

大学院生なので、それなりに休みをとるのには気を使います。しかし、ワークバランスはアメリカらしくそれなりに重視されていると思います。 そういった意味ではサボりバランスはとりやすいです。

仕事時間は平均9時ー19時くらいです。土日は休みです。まぁ夜や週末も仕事はしないと終わらないので結局カフェとか家で仕事してますが。。。まとまった休暇は1週間程度セメスターごとにどこかで取れる感じです。

 

5. 今の生活環境(住環境、リクリエーション、生活コストそのたもろもろ)

Untitled02.png

大学院生用のOn Campus Housingに一人暮らしですんでいます。安いし、静かだし、キャンパス近いし、On Campusなので学校で購読している論文へのアクセスもあり、いう事なしの住環境だと思います。

また割とアメリカでも田舎の方の大学なので、生活コストは低いです。

 

6. 日本でしていたこと(差し支えない範囲で学歴・職歴。固有名詞でなくてよいです)

大学4年間と修士2年間は首都圏の大学で学生(もちろん化学です)して、それからPh.D.コース留学って感じです。

あと修士卒業して留学までの間に(こちらは9月入学なので3月卒業だと半年間空きが出る)、企業と研究室のコラボレーションのプロジェクトで研究員的なバイトを半年くらいやっていました。

 

7. 今いる国に来た方法と来た動機

長い人生の中で、こういう突飛な経験が彩りになるかなぁ。とかおもってノリで来ました。

あとうちの大学は、Ph.D.コース無料(Assistantshipに授業料が含まれるという意味で実質無料) 兼 生活費がでる条件でしたので、負担も少ないしおいしいと思いました。

 

8. 今の仕事に就いた方法

入学に必要な書類とテストの点数を揃えて応募しました。
英語に関しては、かなり苦労したクチであまり参考になるような話はできない気がします。あえてアドバイスを送るとすれば、気合と根性で頑張ることが重要です!
留学の際の情報はネットを最大限駆使して集めました。特に役に立ったのが是永先生のやっておられる「理系留学のススメ」というブログです。

 

9. 日本から今の国に来る時に用意した資金とその調達方法(借金・奨学金などは、差し支えない範囲で、どこからいくら位)

Untitled03.png

基本的には無資金です。

うちのPh.D.コースはTeaching AssistantshipかResearch Assistantshipがつくことが条件になっているコースだったので。

強いて言うならこっちに来た時に買った車の費用30万とかそんくらいでしょうか。

ただ奨学金の具合はその時その所の経済や景気に大きく左右されるので、ひとつひとつチェックすることが必要になると思います。

 

10. 今いる国で日本人がゲットしやすい仕事にはどんなものがあり、その職種につくための良い方法はなにか

アカデミアでの就職に限れば日本人は比較的ポジションはゲットしやすいのではないでしょうか?あくまでも比較論ですが。アメリカは割と職場の人種多様性を気にする人が多く、その割に日本人は海外に出てこない傾向があるので、相対的に有利な気がします。

あとポスドクポジションとかもワーカホリックなエイジアンは好まれる傾向にあると思いますよ。

 

11. 今のご自身の仕事で雇用に際しての年齢の上限はあるか。今いる国で一般的にどうか

大学院生と一括りにいっても年がバラバラなのがアメリカの大学院。普通に30超でPh.D.コーススタートみたいな人もいます。でも割とアジア人はアカデミックをストレートで歩む人が多いイメージです。

ご存知のとおり、日本は化学でかなり高いレベルを有しています。あと日本の教育システムは、大学受験でのプロセスを含めて、かなり成功していると思います。少なくとも基礎的な数学的、物理的知識はかなりしっかりしているように思いますし、それは研究の時にアドバンテージになります。だから日本で教育を受けたみなさん、アメリカへのPh.D.留学お勧めですよ(笑)

 

12. その他ご自由に・・・

中田ヤスタカばりに”ナノテクノロジーのニュースター”になるべく日々研鑽を積んでおります”やすたか”と申します。これから留学のことや、アメリカでのラボのこと、また専門であるNanocrystal、ナノマテリアルまわりの研究に関して書いていこうかなと思っています。よろしくお願いしまーす!さーし!

 

*挿絵はイメージ図です実際の筆者の生活環境とは関係がありません。

やすたか

投稿者の記事一覧

米国で博士課程学生

関連記事

  1. シェールガスにかかわる化学物質について
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~半導体の歴史編~
  3. その反応を冠する者の名は
  4. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について
  5. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  6. sinceの使い方
  7. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質…
  8. 表面処理技術ーChemical Times特集より

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  2. ギ酸 (formic acid)
  3. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  4. 軸不斉のRとS
  5. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授
  6. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  7. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  8. 光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす
  9. 安積徹 Tohru Azumi
  10. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP