[スポンサーリンク]

化学地球儀

アルゼンチン キプロス

[スポンサーリンク]

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになりますでしょうか?カタカナでアルゼンチン、キプロスと書いてしまうとちょっと分りづらいですが、Argentine Republic, Republic of Cyprusと書けばなんとなく見えてきますね。この2つの国名は元素に由来してるのでした!

解説

数年前に世界各国の国名の由来を世界地図に入れ込んだ画像が話題になったことがありました。(国名 由来で検索してみて下さい)

結構なインパクトがある画像で、面白く拝見していたのですが、そこに一文字で「」とだけ書いてあるアルゼンチンを見て、あーそうだったのかあと思ったものです。

その時はそれでスルーしていたのですが、先日この画像を久しぶりにみかけ、他に化学に関係するような国名がないかなと気になってつぶさに見返したところ、小さく「」と書いてあるではないですか。恥ずかしながら、これどこの国?と思って調べたらキプロスでした。キプロスってどこ?って?

こうなるとあとは「」。しかし、残念ながら金に関係した国名はありませんでした。黄金の国ジパングも金由来じゃないですしね・・・というわけで気をとりなおしてアルゼンチンから紹介しましょう。

正式名称は、República Argentinaで英語表記はArgentine Republicです。独立当時はProvincias Unidas del Río de la Plataと呼ばれていて、このRío de la Plataはスペイン語で「銀の川」を意味しています。スペイン人の征服者たちが、銀の飾りを身につけた原住民に出会い、川の上流に「銀の山脈(Sierra del Plata)」があると考えたことが由来となっていて、銀のラテン語表記である「Argentum」に地名を表す女性縮小辞(-tina)をつけてArgentinaとなりました。国名をスペイン語由来からラテン語由来へ変えたのは、スペインによる圧政を忘れるためと言われています。

お次はキプロスです。正式名称は、現代ギリシャ語で Κυπριακή Δημοκρατία (ラテン文字転写: Kypriakí Demokratía)で、英語表記は、Republic of Cyprusです。キプロスの語源には2つの説があり、古代ギリシャ語のイトスギ (kyparissos) 由来説そして (Chalkos) 由来説があります。銅説であるとすると、キプロスにフェニキアの銅採掘場があったことに由来して、cyprium aes(キプロス島の真鍮)が逆にラテン語のcuprum に繋がり、元素記号Cuの元になっていきます。そして英語のcopperはこのラテン語に由来しています。

 

ということで、2つの国と化学の関係を見出したので調子に乗って首都の名前が化学に関係があるところがないかなと探してみました。結果としては無駄な時間となってしまいました。かなり無理やりですが、ハンガリーの首都BudapestのBudaは(pestはかまど)だそうです。また、ケニアの首都Nairobiは現地語Enkare Nyirobiであり、これは冷たい水の土地を意味しています。また、リヒテンシュタインの首都Vaduzはロマンシュ語のを意味するavadutgに由来するという説があります。水といっても当然川とか湖とかなんで、あまり化学とは関係ないかもしれませんね。

これでは化学地球儀で紹介できるマップがないので、最後にアルゼンチンが生んだヒスパニック系初のノーベル化学賞受賞者である、ルイ・フェデリコ・ルロワール(Luis Federico Leloir)が眠る場所を紹介しましよう。

画像はWikipediaより

ルロワールは1970年ラクトースの代謝経路、いわゆるルロワール回路の発見をはじめとする、「糖ヌクレオチドの発見と糖生合成におけるその役割に関する研究」によりノーベル化学賞を受賞しています。ブエノスアイレスにあるレコレタ墓地に眠っています。

 

マップ

 

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

マップ上部の白い四角の部分をクリックしても大きな化学地球儀が表示されます。

 

関連書籍

 

 

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 東京大学理学部 化学教室
  2. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  3. 科学警察研究所
  4. 大久野島毒ガス資料館
  5. 産総研 地質標本館
  6. マッチ博物館
  7. リンダウ島インセルホール
  8. 【温泉を化学する】下呂温泉博物館に行ってきた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編
  2. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  3. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  4. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  5. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞
  6. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  7. 名古屋市科学館で化学してみた
  8. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide
  9. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  10. 【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP