[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!

[スポンサーリンク]

 

※ 本シンポジウムは盛会に終了しました。動画アーカイブは後日公開予定です。

2022年度の第2弾となる第26回 V シンポのテーマは「創薬モダリティ」です!

創薬におけるモダリティという言葉は、ここ数年で広く浸透してきました。便利な言葉でもありますが、未だに感覚を掴みにくいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか (モダリティについての解説は参考記事をご覧ください)。
ケムステでは創薬化学をテーマとした V シンポを第 13 回第 20 回 と過去 2 回開催して参りました。今回はやや切り口を変え、一つのシンポジウム内で複数のモダリティを扱い、それぞれの差異と類似性を認識することでモダリティごとの創薬の理解に貢献できないか? という発想のもと開催を決定しました。

本Vシンポでは、各種モダリティの中から特にケミストとの関連が大きい3つ、すなわち低分子中分子 (天然物)タンパク質分解誘導剤をチョイスし、それぞれ第一線で活躍されているアカデミア創薬研究者にご講演をお願いしました!

低分子の特性を余すことなく活かした最先端の創薬研究について大阪大学の伊藤幸裕先生に、PROTAC®などで有名なタンパク質分解誘導剤を用いた神経変性疾患治療のお話を東北大学の友重秀介先生に、ペプチド系天然物に代表される中分子の現在・未来について北海道大学の勝山彬先生にご講演いただきます。

今回は特別企画として、普段のシンポジウム形式の講演に加え、講師+ファシリテーター・モデレーターによるパネルディスカッションを行います! テーマはズバリ「アカデミアで推進すべきモダリティとは?」です。アカデミア創薬の第一線で活躍される先生方の各種モダリティに関するビジョンとは!? ぜひお楽しみに!

実施概要

第26回ケムステVシンポジウム
「創薬モダリティ座談会

対象:誰でも

開催日:2022 年 6 月 24 日 (金)

講演会:18:30-21:00(1 名あたり講演 25 分+質疑応答 5 分程度を目安、各講演間に協賛企業からのお知らせ 5 分程度、講演終了後にパネルディスカッション 25 分を予定)

会場:オンライン(講演者は Zoom 使用・YouTubeライブ の限定 URL 配信)

定員:先着 1500 名(途中参加・退出自由)

言語:日本語

参加費:無料

講演者


1. 伊藤 幸裕 先生(大阪大学産業科学研究所 准教授)
「「化学」的発想に基づく創薬化学研究(仮)」
モダリティ: 低分子

2. 友重 秀介 先生(東北大学大学院生命科学研究科 助教)
「タンパク質分解誘導に基づいた神経変性疾患に対する創薬の試み」
モダリティ: タンパク質分解誘導剤

3. 勝山 彬 先生(北海道大学大学院薬学研究院 助教)
「ペプチド系天然物の全合成と創薬化学研究」
モダリティ: 天然物・中分子

 

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

Connpassイベントページで行ってください・開始15分前(18:15)まで受付

参加登録はこちら

参加登録して URL さえゲットすれば、YouTube Live に間に合わなくても数日間タイムシフト視聴できます。

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 株式会社島津製作所

ファシリテーター
安田 大輔 (大阪医薬大・薬 助教)

モデレーター
清川 慎介        (香港科技大学 大学院生)
海東 和麻    (九工大・情報工 研究員)
本田 麻里子 (横国大・理工 学部生)

ご質問・ご感想はYouTubeのチャットで受け付けています。活発な質疑討論に是非ご参加下さい!

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトをご訪問ください。

東京化成工業

東京化成工業は,「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に,グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。科学技術の進歩に対応し,皆様のニーズに対応するため,日々新たな製品の開発に取り組んでいます。弊社パンフレットを以下リンク先でpdfファイルとしてご提供しています。
以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。
https://www.tcichemicals.com/JP/ja/support-download/brochures/categorized_brochures_1

Merck

6/21 ウェビナー:標的タンパク質分解誘導と創薬】
東京大学 内藤幹彦先生によるウェビナー登録受付中 → https://bit.ly/392bvod_CWS

【標的タンパク質分解誘導化合物カタログ】
PROTAC®/SNIPERなど分解誘導化合物合成用ビルディングブロックや、多数のリンカー類を掲載
→ https://bit.ly/3NbJR75_protacs
【Novabiochem 固相合成ハンドブック】
ペプチド合成研究者の皆様には「バイブル」として長年親しまれているハンドブック
→ https://bit.ly/3ajd3dz_peptide

島津製作所

島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)→詳しくはこちら

予習でVシンポをより楽しめる!? 創薬関連記事

創薬におけるモダリティの意味と具体例
Undruggable Target と PROTAC
MEDCHEM NEWS 31-1号「低分子創薬」
創薬における中分子

予習でVシンポをより楽しめる!? 関連書籍

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  2. 海外で働いている僕の体験談
  3. 製造業の研究開発、生産現場におけるDX×ノーコード
  4. 腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発
  5. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  6. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  7. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  8. 可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる
  2. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!
  3. 水素移動を制御する精密な分子設計によるNHC触媒の高活性化
  4. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  5. 2020年ケムステ人気記事ランキング
  6. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  7. 第49回「キラルブレンステッド酸に魅せられて」秋山隆彦教授
  8. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  9. Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!
  10. クリストフ・レーダー Christoph Rader

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP