[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者である。南フロリダ大学 准教授。

経歴

1993-1997 南京大学 卒業 (Yun Lu教授)
1997-2000 南京大学 修士号取得 (Yun Lu教授)
2002-2006 ワシントン大学セントルイス校 博士号取得(John-Stephen A. Taylor 教授)
2007-2009 イェール大学 博士研究員(Andrew D. Hamilton教授)
2009-2015 南フロリダ大学 助教授
2015- 南フロリダ大学 准教授

受賞歴

2016 Outstanding reviewer, Journal of Medicinal Chemistry

2015 Outstanding reviewer, Journal of Medicinal Chemistry

2015 USF Faculty Outstanding Research Achievement Award

2015 Biomatik Distinguished Junior Faculty Award, the Chinese-American Chemistry & Chemical

Biology Professors Association (CAPA)

2014 Excellence in reviewing, European Journal of Medicinal Chemistry

2014 NSF Career Award

2014 ChemComm Emerging Investigator

2012 New Investigator award, Florida Bankhead Coley Cancer Research Program

2011 Ralph E. Powe Junior Faculty Enhancement Award, Oak Ridge Associated Universities (ORAU)

研究概要

生物活性非天然型ペプチド模倣体の創製および生体材料と医薬への応用

とくにα-AAペプチド、γ-AAペプチドなどの特殊ペプチドを用いた研究を精力的に行っている。


参考文献

  1. “Right-Handed Helical Foldamers Consisting of De Novo d-AApeptides” Teng, P.; Ma, N.; Cerrato, D. C.; She, F.; Odom, T.; Wang, X.; Ming, L.-J.; van der Vaart, A.; Wojtas, L.; Xu, H.*; Cai, J.* J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 7363–7369. DOI: 10.1021/jacs.7b03007
  2. “Structure and Function of AApeptides” Bolarinwa, O.; Nimmagadda, A.; Su, M.; Cai, J. Biochemistry 2017, 56, 445-457. DOI: 10.1021/acs.biochem.6b01132
  3. “γ-AApeptides as a new class of peptidomimetics” Teng, P.; Shi, Y.; Sang, P.; Cai, J. Chem. Eur. J. 2016, 22, 2-11. DOI: 10.1002/chem.201504936
  4. “γ-AApeptides: design, structure, and applications” Shi, Y.; Teng, P.; Sang, P.; She, F.; Wei, L.; Cai, J.  Acc. Chem. Res. 2016, 49, 428-441. DOI: 10.1021/acs.accounts.5b00492

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 前田 浩 Hiro Maeda
  2. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  3. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  4. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  5. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  6. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  7. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  8. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  2. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  3. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素
  4. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  5. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  6. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  7. 笑う化学には福来たる
  8. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  9. DNAが絡まないためのループ
  10. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP