[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第54回―「ナノカーボンを機能化する合成化学」Maurizio Prato教授

[スポンサーリンク]

第54回の海外化学者インタビューは、マウリーツィオ・プラート教授です。イタリア・トリエステ大学の薬学部に所属し、材料科学と医薬化学に応用される有機合成化学のテーマに取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

10代の頃、『Scientific American』のイタリア語訳をよく読んでいて、遺伝学に魅了されました。進路を決めるときには、化学と生化学を学び、それから遺伝学を専攻することを薦められました。これはまったく間違っていたと後になって分かったのですが。実際には化学を専攻し、勉強しているうちに有機化学にますます惹かれていき、この学問にすっかりはまってしまいました。当時、パドヴァ大学での有機化学のメンターにも強く影響を受けました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

医者です。人間機械がどう機能しているか理解することは、常に魅力的でした。また、命を救うことは気分が良いものです。しかし私は化学者であること、より一般的には科学者であることを本当に幸せに思っています。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

今日では、主には汚染に関連して、化学の一般イメージは完全に偏見にまみれています。そのため、化学を勉強し開発しすることを若い人たちはますます奨励されなくなり、代わりに環境科学のような化学基盤の学問に魅力を感じるようになっています。しかし、医薬品から無数の商品に至るまで化学は貢献しており、私たちの生活の質を大きく向上させています。ゆえに、世界全体に化学がどのように貢献しているかという質問は、実際には類語反復的です。我々は、社会問題をもっと意識し「良い」化学大使になるべきだ、ということかもしれません。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

偉大なギリシアの哲学者プラトンです。

ギリシア文明は、西ヨーロッパで最も活発で影響力のあった時代の一つでした。彼らの行動の多くは、今日のライフスタイルよりも楽しく開放的でした。彼らの文化は非常によく発達しており、数学は非常に洗練されていました。例えば、正多面体は化学者にとって最も魅力的な幾何学的形態の一つです。また、彼らの著書には謎めいた話が多く書かれていますが、我々にはまだわからないことがあります。例えばプラトンは、彼の対話録「Timaeus and Critias」の中で、伝説的な島であるアトランティスに初めて言及しています。アトランティスは実在したのでしょうか?本当に大西洋にあったのでしょうか?どうして海に沈んでしまったのでしょうか?

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

15年以上前のことで、正確には覚えていません。当時は環化付加反応を行っていたので、その一つだと思ってしまいがちです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本については、トーマス・マンの「魔の山」を持っていきます。ある本が好きになったりよく覚えている理由は、それを読んだ人生の瞬間に強く依存するものです。もう一つ、レオ・トルストイの 「戦争と平和」 も、読んでいてとても興味をそそられました。これらの本で気に入っている点は、愛や感情だけでなく、哲学、自然科学、歴史などにまでおよぶ生命観です。すべてを理解するには何年もかかるほど、興味深い問題がたくさんあります。

これに加えて、リヒャルト・ワーグナーの 「ワルキューレ」 の第三幕を持っていきます。WotanとBrunnhildの間の、強烈かつ音楽的に比類無い対話が含まれています。聞いていて飽きません。

原文:Reactions – Maurizio Prato

※このインタビューは2008年3月7日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 …
  2. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len…
  3. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」S…
  4. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Pen…
  5. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua…
  6. Christoph A. Schalley
  7. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richm…
  8. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  2. 変わったガラス器具達
  3. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  4. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  5. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  6. 科学警察研究所
  7. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  8. グリニャール反応 Grignard Reaction
  9. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  10. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP