[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ

三菱化学は4日、中国・浙江省寧波市に合成繊維などの原料となる高純度テレフタル酸(PTA)の合弁会社を設立する計画を中国政府が正式に認可したと発表した。約330億円を投資し、2006年9月に年産能力60万トンのプラントを稼働させる。

 4月に新合弁の寧波三菱化学を設立し、着工する。同合弁には日本側の投資会社(出資比率は三菱化学61%、伊藤忠商事35%、三菱商事4%)が9割を、中国の大手投資会社の中国中信集団が1割を出資する。

 同合弁は昨年6月に設立する計画だったが、中国政府の経済引き締め政策などの影響で認可が遅れていた。「生産開始は当初予定通り06年9月を目指す」(三菱化学幹部)という。

 PTAはポリエステル繊維やペットボトルの原料として需要が伸びており、日系企業が中国で生産するのは初めて。三井化学も約300億円を投じて、年60万トンのプラントを08年前後に江蘇省に立ち上げる計画を中国政府に申請している。(引用:日本経済新聞

 

ご存知のようにエチレングリコールとテレフタル酸を重合させたのがポリエチレンテレフタレート、PETですね。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  2. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  3. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  4. 化学は切手と縁が深い
  5. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  6. 170年前のワインの味を化学する
  7. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  8. のむ発毛薬で五輪アウトに

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  2. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~
  3. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  4. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  5. フルエッギン Flueggine
  6. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  7. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  9. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう
  10. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP