研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadboud University Nijmegenの分子生物学研究所に所属(現在:University of Twente)しており、生物高分子…

  2. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  4. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

    第31回の海外化学者インタビューは、ミロ・シェファー教授です。インペリアルカレッジの化学科に在籍し、…

  5. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

    第30回の海外研究者インタビューは、マーカス・ウェック教授です。ニューヨーク大学化学科に在籍しており…

  6. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  7. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  8. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

  9. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

  10. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

  11. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

  12. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

  13. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

  14. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

  15. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

  16. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  2. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  3. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  4. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination
  5. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  6. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  7. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

元素名と中国語

Eineです。化学を学ぶ人間が最初に直面する課題、それは元素周期表の暗記です。高校化学過程では第1元…

「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

PAGE TOP