研究者へのインタビュー海外化学者インタビュー

  1. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に所属しており、生物学的システム、特に生体膜の構造や機能を模倣する化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&he…

  2. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  3. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  4. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  5. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

    第32回の海外化学者インタビューは、ダンカン・ブルース教授です。ヨーク大学化学科に在籍し、液晶に重点…

  6. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  7. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  8. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  9. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  10. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

  11. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

  12. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

  13. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

  14. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

  15. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

  16. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 核酸医薬の物語3「核酸アプタマーとデコイ核酸」
  2. 円偏光スピンLEDの創製
  3. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  4. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  5. 有機合成化学者が不要になる日
  6. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
  7. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

注目情報

最新記事

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

PAGE TOP