[スポンサーリンク]


2007年 10月

  1. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction(PCR)

    ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction, PCR)とは、特定の塩基配列をもつDNA断片を迅速に増幅できる技術です。 (さらに…)…

  2. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

    キャリー・バンクス・マリス(Kary Banks Mullis、1944年12月28日-)は、アメリ…

  3. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

    動的コンビナトリアル化学(Dynamic Combinatorial Chemistry: DC…

  4. プラテンシマイシン /platensimycin

    プラテンシマイシン(platensimycin)は放線菌の一種Streptomy…

  5. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine

    ノルゾアンタミン(norzoanthamine)はイソギンチャクの仲間・スナギンチ…

  6. アザジラクチンの全合成

  7. メタンハイドレート Methane Hydrate

  8. アルカロイド alkaloid

  9. クリックケミストリー / Click chemistry

  10. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC

  11. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant

  12. 光学分割 / optical resolution

  13. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)

  14. ボンビコール /bombykol

  15. クルクミン /curcumin

  16. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Organic Synthesis Workbook
  2. 持続可能な社会を支えるゴム・エラストマー:新素材・自己修復・強靱化と最先端評価技術
  3. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  4. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  5. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品
  6. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  7. 製薬会社のテレビCMがステキです

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP