[スポンサーリンク]


2009年 7月 28日

  1. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル

     世界約70カ国の高校生が化学の実力を競い合う第41回「国際化学オリンピック」(7/18~7/27 於:イギリス・ケンブリッジ)。本日現地から、日本代表生徒4名全員がメダルを獲得したとの嬉しい報告がありました。金メダルが2個、銀メダルが…

  2. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cyclization

    概要分子内の適当な位置にオレフィンとアルコールを持つ基質は、酸化レニウム(VII…

  3. バートン反応 Barton Reaction

    概要光化学条件下、アルコールδ位の非活性アルカン部位を官能基化できる優れた方法。…

  4. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis

    概要一級アミンとアルデヒドから得られるイミンのアルキル化、引き続く加水分解によっ…

  5. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation

    カルボン酸誘導体→カルボン酸誘導体概要両鏡像体とも安価に入手可能なプソイドエフェドリンアミド…

  6. ロッセン転位 Lossen Rearrangement

  7. 二酸化セレン Selenium Dioxide

  8. 植村酸化 Uemura Oxidation

  9. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent

  10. ジイミド還元 Diimide Reduction

  11. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

  12. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction

  13. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

  14. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling

  15. グレーサー反応 Glaser Reaction

  16. リチャード・ヘック Richard F. Heck

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 乙種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  2. 2016年9月の注目化学書籍
  3. Carl Boschの人生 その6
  4. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質
  5. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  6. 日本酸素記念館
  7. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP