[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…
  3. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  4. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  5. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  6. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  7. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  8. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【2021年卒業予定 修士1年生対象】企業での研究開発を知る講座
  2. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  3. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  4. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis
  5. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  6. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  7. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応
  8. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1
  9. (–)-Vinigrol短工程不斉合成
  10. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP