[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  2. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  3. 鋳型合成 Templated Synthesis
  4. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  5. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  6. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  7. ミッドランド還元 Midland Reduction
  8. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. The Journal of Unpublished Chemistry
  2. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧
  3. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  4. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  5. 毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~
  6. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」
  7. 名古屋市科学館で化学してみた
  8. ミック因子 (Myc factor)
  9. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  10. 生体共役反応 Bioconjugation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP