[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  2. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  5. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  6. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  7. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  8. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アピオース apiose
  2. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  3. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  4. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  5. 化学でもフェルミ推定
  6. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!?
  7. ODOOSをリニューアル!
  8. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  9. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  10. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP