[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  2. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  3. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  4. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…
  6. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  7. リード反応 Reed Reaction
  8. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クロスカップリング反応関連書籍
  2. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  3. タミフルの効果
  4. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  5. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  6. アルツハイマー薬で副作用死
  7. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  8. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  9. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  10. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP