[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  2. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethy…
  3. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  4. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…
  5. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  6. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  7. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  8. 有機銅アート試薬 Organocuprate

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  2. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  4. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  5. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group
  6. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  7. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  8. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  9. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  10. 酒石酸にまつわるエトセトラ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP