[スポンサーリンク]

L

ロッセン転位 Lossen Rearrangement

 

概要

ヒドロキサム酸誘導体から、熱or塩基処理によってイソシアネート経由でアミンが生成する反応。

基本文献

 

反応機構

lossen5.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  2. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  3. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyr…
  4. MT-スルホン MT-Sulfone
  5. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reacito…
  6. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  7. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffl…
  8. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  2. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  3. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  4. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  5. 会社説明会で鋭い質問をしよう
  6. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  7. 分子素子の働き せっけんで確認
  8. 有用なりん化合物
  9. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  10. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

いよいよ今年も日化年会の期日が迫って参りました!ケムステでも例年通り、参加者の方々に有益な各種企画の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP