[スポンサーリンク]


2013年 10月

  1. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

    グリチルリチン酸は甘草に含まれる薬理成分。

  2. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ

    株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤文大)は2013年8月、太陽電池やデ…

  3. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  4. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

    静岡県警は29日、静岡大学法科大学院准教授の和田直人容疑者(37)(静岡市駿河区西島…

  5. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)

    過塩素酸カリウム(potassium perchlorate, KClO4)は花…

  6. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  7. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  8. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ

  9. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  10. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表

  11. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ

  12. ゲオスミン(geosmin)

  13. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  14. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

  15. ペリプラノン

  16. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アロタケタールの全合成
  2. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロポキシ)ボロヒドリド:Sodium Tris(1,1,1,3,3,3-hexafluoroisopropoxy)borohydride
  3. ロバート・フィップス Robert J. Phipps
  4. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  5. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part2
  6. 元素も分析する電子顕微鏡
  7. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP