[スポンサーリンク]


2013年 10月

  1. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

    グリチルリチン酸は甘草に含まれる薬理成分。

  2. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ

    株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤文大)は2013年8月、太陽電池やデ…

  3. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

  4. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕

    静岡県警は29日、静岡大学法科大学院准教授の和田直人容疑者(37)(静岡市駿河区西島…

  5. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)

    過塩素酸カリウム(potassium perchlorate, KClO4)は花…

  6. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成

  7. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  8. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ

  9. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合

  10. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表

  11. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ

  12. ゲオスミン(geosmin)

  13. 水 (water, dihydrogen monoxide)

  14. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)

  15. ペリプラノン

  16. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  2. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  3. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  4. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  5. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング
  6. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す
  7. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP