[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

関連記事

  1. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  2. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  3. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  4. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  5. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  7. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  8. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  2. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  3. 円偏光スピンLEDの創製
  4. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  5. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  6. タミフルの新規合成法・その3
  7. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  8. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  9. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授
  10. アザジラクチンの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP