[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

[スポンサーリンク]

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  2. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  3. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  4. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  5. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  6. キラルオキサゾリジノン
  7. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  8. 進化する カップリング反応と 応用展開

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  2. 田中耕一 Koichi Tanaka
  3. 第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催します!
  4. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation
  5. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  6. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  7. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  8. これで日本も産油国!?
  9. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  10. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP