[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

関連記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. 不斉配位子
  3. ペンタフルオロスルファニル化合物
  4. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  5. SelectfluorR
  6. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  7. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  8. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  2. フリース転位 Fries Rearrangment
  3. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  4. Chem-Station開設5周年へ
  5. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  6. エノキサシン:Enoxacin
  7. 2017年の注目分子はどれ?
  8. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  9. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  10. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP