[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

[スポンサーリンク]

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

関連記事

  1. C60MC12
  2. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  3. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  4. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  5. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  6. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  7. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  8. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  2. マイケル付加 Michael Addition
  3. Imaging MS イメージングマス
  4. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  5. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  6. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  7. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  8. クラーク・スティル W. Clark Still
  9. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  10. 肝はメチル基!? ロルカセリン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP