[スポンサーリンク]

archives

メルドラム酸:Meldrum’s Acid

M0799.gif

アリーリデンマロノニトリル類の合成

Shaabaniらは、水中でのテトラシアノエチレンと種々のアルデヒドのKnoevenagel縮合反応について報告しています。それによれば、メルドラム酸を触媒として用いることにより、温和な条件下で反応が進行し、目的とするアリーリデンマロノニトリルが高収率で得られます。この目的物はろ取、水洗することにより反応混合物から単離することが可能です。

A. Shaabani, A. H. Rezayan, M. Heidary, A. Sarvary, Chem. Pharm. Bull., 2008, 56, 1480.

関連記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. ジボラン(diborane)
  3. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  4. ニュースタッフ
  5. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  6. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  8. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  2. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  3. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  4. 振動結合:新しい化学結合
  5. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  6. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  7. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  8. 有機スペクトル解析ワークブック
  9. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  10. 2018年1月20日:ケムステ主催「化学業界 企業研究セミナー」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP