[スポンサーリンク]

ナノ化学

ペイドン・ヤン Peidong Yang

ペイドン・ヤン (Peidong Yang, 楊 培東, 1971年xx月xx日-)は、アメリカの材料化学者である。米カリフォルニア大学バークリー校教授(写真:P.Yang Group)。

 

経歴

1993 中国科学技術大学 学士号取得
1997 ハーバード大学 博士号取得 (Charles Lieber教授)
1997 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 博士研究員 (Galen Stucky教授)
1999 カリフォルニア大学バークレー校 助教授
2004 カリフォルニア大学バークレー校 准教授
2007 カリフォルニア大学バークレー校 教授

 

受賞歴

1999 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2000 3M Untenured Faculty Award
2001 Research Innovation Award
2001 Alfred P. Sloan Fellow
2001 NSF CAREER Award
2001 Hellman Family Faculty Award
2001 ACS ExxonMobil Solid State Chemistry Award
2002 Beckman Young Investigator Award
2003 MIT Tech. Review TR 100
2003 ChevronTexaco Chair in Chemistry, Berkeley
2003 First Chairperson for American Chemical Society, Nanoscience subdivision
2004 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2004 Dupont Young Professor Award
2004 Julius Springer Prize for Applied Physics
2004 MRS Outstanding Young Investigator Award
2005 ACS Pure Chemistry Award
2006 University of Wisconsin McElvain Lectureship 2006 Chinese Academy of Science Molecular Science Forum Lectureship
2007 NSF A. T. Waterman Award
2008 Scientific American 50 Award
2011 Baekeland Medal
2011 MRS Medal
2013 ACS Inorganic Nanoscience Award
2014 Thomson Reuters Citation Laureate in Physics
2015 DOE E. O. Lawrence Award
2015 Nano Today Award
2015 World Outstanding Chinese Award
2015 ACS nano Lectureship Award
2016 Nano Research Award

研究概要

一次元無機ナノワイヤー

 

コメント&その他

  • 材料化学分野における論文引用回数世界第4位を記録している。
  • 若干36歳でカリフォルニア工科大学の教授となる
  • ポール・アリビサトス(Paul Alivisatos)ら世界屈指のナノテクノロジー研究者達とともにNanosys社の技術顧問。

 

関連動画

 

Alan T. Waterman Award受賞におけるYang教授のインタビュー映像

関連文献

  • Law, M.;  Sirbuly, D.; Johnson, J.; Goldberger, J.; Saykally, R.;  Yang, P. Science, 2004, 305, 1269. DOI:10.1126/science.1100999
  • Law, M.;  Greene, L. E.;  Johnson, J. C.; Saykally, R.;  Yang, P. Nature Materials, 20054, 455.
  • He, R.; Yang, P. Nature Nanotech. 2006 1, 42.
  • Kuykendall, T.; Ulrich, P.; Aloni, S.; Yang, P. Nature Mater. 6, 951, 2007.
  • Habas, S.; Lee, H.; Radmilovic, V.; Somorjai, G.; Yang, P. Nature Mater. 2007, 6, 692.
  • Nakayama, Y.; Pauzauskie, P.  J.; Radenovic, A.;  Onorato, R. M.; Saykally, R. J.; Liphardt, J.; Yang,  P. Nature, 2007, 447, 1098.
  • Fan, R.; Huh, S.;  Yan, R.;  Arnold, J.; Yang, P. Nature Materials, 2008, 7, 303.
  • Hochbaum, A. I.; Chen, R.; Delgado, R. D.; Liang, W.; Garnett, E.  C.;  Najarian, M.;  Majumdar, A.;  Yang, P. Nature, 2008, 451, 163
  • Garnett, E.; Tseng, Y.; Khanal, D.;  Wu, J.; Bokor,  Yang, P. Nature Nanotech. 20094, 311.
  • Briseno, A. L.; Yang, P. Nature Mater. 2009, 8, 7. doi:10.1038/nmat2350
  • Yamada, Y.; Tsung, C.; Huang, W.; Huo, Z.; Habas, S. E.; Soejima, T.; Aliaga, C. E.; Somorjai, G. A.; Yang, P. Nature Chem. 2011, 3, 372. DOI: 10.1038/nchem.1018

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  2. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira
  3. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  4. ジェームス・ツアー James M. Tour
  5. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  6. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  7. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  8. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  2. 未来の病気診断はケータイで!?
  3. 2014年化学10大ニュース
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  5. (-)-MTPA-Cl
  6. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  7. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より
  8. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  9. 秋の褒章2010-化学
  10. ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP