[スポンサーリンク]

archives

田辺シリル剤

[スポンサーリンク]

B2697.gif

【東京化成工業】
田辺シリル化剤: tert-Butyldimethylsilyl N-Phenylbenzimidate
分子量: 311.49
CAS: 404392-70-7
製品コード:B2697
値段: 5g 17,200円 (2008.10.22 現在)
用途:シリル化試薬
説明:触媒量のピリジニウムトリフラートと用いることにより、温和な条件下、第三級アルコールにも定量的にシリル基を導入することができます。
文献:T. Misaki, M. Kurihara, Y. Tanabe, Chem. Commun., 2001, 2478
その他のシリル系保護基に関する記述: シリル化剤 / A Mild and Powerful Silylating Agent(TCIメール), ケイ素化合物(TCIオンラインカタログ)
 

関連記事

  1. 不斉配位子
  2. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  3. サレン-Mn錯体
  4. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  7. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グリーンケミストリー Green Chemistry
  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  3. 【書籍】10分間ミステリー
  4. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  5. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  6. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  7. 周期表を超えて~超原子の合成~
  8. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より
  9. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  10. Pure science

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP