[スポンサーリンク]

archives

田辺シリル剤

B2697.gif

【東京化成工業】
田辺シリル化剤: tert-Butyldimethylsilyl N-Phenylbenzimidate
分子量: 311.49
CAS: 404392-70-7
製品コード:B2697
値段: 5g 17,200円 (2008.10.22 現在)
用途:シリル化試薬
説明:触媒量のピリジニウムトリフラートと用いることにより、温和な条件下、第三級アルコールにも定量的にシリル基を導入することができます。
文献:T. Misaki, M. Kurihara, Y. Tanabe, Chem. Commun., 2001, 2478
その他のシリル系保護基に関する記述: シリル化剤 / A Mild and Powerful Silylating Agent(TCIメール), ケイ素化合物(TCIオンラインカタログ)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  2. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  3. 安全なジアゾメタン原料
  4. ニュースタッフ追加
  5. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  6. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  7. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  8. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  2. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. 実験する時の服装(企業研究所)
  4. 筑波山
  5. ディスコデルモライド /Discodermolide
  6. タキサン類の全合成
  7. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  8. ファイザーがワイスを買収
  9. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  10. クレアチン creatine 

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP