[スポンサーリンク]

archives

イリジウム錯体:Iridium-complex

C1807.gif

[IrCl(cod)]2/PPh3/KOHを用いたジケトンとω-ヒドロキシケトンの選択的合成

 石井らは,イリジウム錯体を用いたメチルケトンとα,ω-ジオールの一段階反応によるジケトンおよびω-ヒドロキシケトンの選択的合成を報告しています。これによれば,メチルケトンとα,ω-ジオールの当量比率を変化させることにより,ジケトンとω-ヒドロキシケトンを作り分けています。この反応をアリールアセトニトリルとα,ω-ジオールとの反応へ応用することによりジアリールジニトリルを合成しています。

 

K. Maeda, Y. Obora, S. Sakaguchi, Y. Ishii, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81, 689.

 

関連記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  5. Reaxys無料トライアル実施中!
  6. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  2. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  3. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  4. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  5. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  6. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ
  7. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  8. 化学オリンピック完全ガイド
  9. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling
  10. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP