[スポンサーリンク]

archives

イリジウム錯体:Iridium-complex

C1807.gif

[IrCl(cod)]2/PPh3/KOHを用いたジケトンとω-ヒドロキシケトンの選択的合成

 石井らは,イリジウム錯体を用いたメチルケトンとα,ω-ジオールの一段階反応によるジケトンおよびω-ヒドロキシケトンの選択的合成を報告しています。これによれば,メチルケトンとα,ω-ジオールの当量比率を変化させることにより,ジケトンとω-ヒドロキシケトンを作り分けています。この反応をアリールアセトニトリルとα,ω-ジオールとの反応へ応用することによりジアリールジニトリルを合成しています。

 

K. Maeda, Y. Obora, S. Sakaguchi, Y. Ishii, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81, 689.

 

関連記事

  1. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  2. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  3. ニュースタッフ
  4. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  5. Reaxys無料トライアル実施中!
  6. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  7. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  8. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  2. 有機合成化学者が不要になる日
  3. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  4. アミドをエステルに変化させる触媒
  5. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  6. やっぱりリンが好き
  7. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  8. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  9. イー・タン Yi Tang
  10. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP