[スポンサーリンク]

archives

イリジウム錯体:Iridium-complex

[スポンサーリンク]

C1807.gif

[IrCl(cod)]2/PPh3/KOHを用いたジケトンとω-ヒドロキシケトンの選択的合成

 石井らは,イリジウム錯体を用いたメチルケトンとα,ω-ジオールの一段階反応によるジケトンおよびω-ヒドロキシケトンの選択的合成を報告しています。これによれば,メチルケトンとα,ω-ジオールの当量比率を変化させることにより,ジケトンとω-ヒドロキシケトンを作り分けています。この反応をアリールアセトニトリルとα,ω-ジオールとの反応へ応用することによりジアリールジニトリルを合成しています。

 

K. Maeda, Y. Obora, S. Sakaguchi, Y. Ishii, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81, 689.

 

関連記事

  1. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  2. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  4. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  5. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  6. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  7. BTQBT : BTQBT
  8. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  3. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  4. (+)-sieboldineの全合成
  5. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  6. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  8. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  9. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  10. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP