[スポンサーリンク]

archives

イリジウム錯体:Iridium-complex

[スポンサーリンク]

C1807.gif

[IrCl(cod)]2/PPh3/KOHを用いたジケトンとω-ヒドロキシケトンの選択的合成

 石井らは,イリジウム錯体を用いたメチルケトンとα,ω-ジオールの一段階反応によるジケトンおよびω-ヒドロキシケトンの選択的合成を報告しています。これによれば,メチルケトンとα,ω-ジオールの当量比率を変化させることにより,ジケトンとω-ヒドロキシケトンを作り分けています。この反応をアリールアセトニトリルとα,ω-ジオールとの反応へ応用することによりジアリールジニトリルを合成しています。

 

K. Maeda, Y. Obora, S. Sakaguchi, Y. Ishii, Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81, 689.

 

関連記事

  1. ショウガに含まれる辛味成分
  2. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  3. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  4. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  6. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  7. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  8. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  2. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  3. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  4. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  5. アジサイには毒がある
  6. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  7. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  8. DOWとはどんな会社?-1
  9. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  10. 有機合成化学者が不要になる日

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP