[スポンサーリンク]

archives

9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide

D3929.gif

光誘起性HNO供与剤

HNO(nitroxyl)は近年注目されている活性酸素種の一つで,生物学的および薬理学的に重要な作用を持つと考えられています。中川らは,光(330-380 nm)によりHNOの放出を自由に制御できる光誘起性HNO供与剤を開発し,その有用性を報告しています。このHNO供与剤は親水性を持つため,in vitro系実験にも適用可能で,HNOの生物作用の解明と医療分野への応用が期待されます。

中川秀彦ら, 日本薬学会第129年会講演要旨集2, 2009年, p. 198; Y. Adachi, H. Nakagawa, K. Matsuo, T. Suzuki, N. Miyata, Chem. Commun. 2008, 5149 (Dimethylanthracene derivative).

 

関連記事

  1. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  2. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  3. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  4. Accufluor(NFPI-OTf)
  5. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  7. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  8. カルノシン酸 : Carnosic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination
  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  3. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  4. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee
  5. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  6. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  7. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  8. CV書いてみた:ポスドク編
  9. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis
  10. Callipeltosideの全合成と構造訂正

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP