[スポンサーリンク]

archives

9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxyethyl)-N-(4-nitrophenyl)-10,9-(epoxyimino)anthracene-12-carboxamide

D3929.gif

光誘起性HNO供与剤

HNO(nitroxyl)は近年注目されている活性酸素種の一つで,生物学的および薬理学的に重要な作用を持つと考えられています。中川らは,光(330-380 nm)によりHNOの放出を自由に制御できる光誘起性HNO供与剤を開発し,その有用性を報告しています。このHNO供与剤は親水性を持つため,in vitro系実験にも適用可能で,HNOの生物作用の解明と医療分野への応用が期待されます。

中川秀彦ら, 日本薬学会第129年会講演要旨集2, 2009年, p. 198; Y. Adachi, H. Nakagawa, K. Matsuo, T. Suzuki, N. Miyata, Chem. Commun. 2008, 5149 (Dimethylanthracene derivative).

 

関連記事

  1. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  2. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  3. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  5. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  6. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  7. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  8. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  2. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  3. English for Presentations at International Conferences
  4. ヘキサメチレンテトラミン
  5. ノーベル博物館
  6. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  7. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  8. 研究者版マイナンバー「ORCID」を取得しよう!
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  10. Al=Al二重結合化合物

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP