[スポンサーリンク]

一般的な話題

健康的なPC作業環境のすすめ

[スポンサーリンク]

快適なPC作業環境をサポートするツールと言えば、マルチディスプレイやノイズキャンセリングヘッドホン、ゲーミングチェアが有名ですが、人間への負荷を低減するツールも存在します。今回はラボや自宅に手軽に導入できる快適な作業ガジェットを紹介します。

手の疲労を低減するマウス・キーボード

まずマウスですが、意外とマウス操作は手に負担がかかっていて、ひどいの場合はマウス腱鞘炎と呼ばれる手首や親指の付け根の痛みなどの症状が出るそうです。ツールなしの対策としてキーボードショートカットを多用しマウス操作をなるべく減らすことが挙げられます。

ただ、キーボードショートカットでマウス操作を0にすることはできないですし、構造式を書くときはどうしてもマウス操作が必要になります。そこでエルゴノミクスマウスというマウスを使用することをお勧めします。Amazonで調べるといろいろ出てきますが、基本的には一般的なマウスの形からかけ離れた握りやすい形になっています。またマウス自体を動かす操作を少なくするためにトラックボールを搭載しているマウスもあります。

筆者が使用しているのは下のマウスで、エルゴノミクスマウスとしては控えめな構造ですが、十分握りやすく手が痛くなること少なくなったと感じています。握る形のデザインの方が、疲労低減の効果は大きいことが予想されますが、操作性の問題もあり、試してから購入したほうが良いと思います。

通常のキーボードは長方形ですが、使用する際に手首をキーボードと平行にする必要があり長時間の作業で肩が痛くなってしまいます。この症状に対してはエルゴノミクスキーボードと呼ばれる商品が有効です。エルゴノミクスキーボードの形状は商品によってまちまちですが、基本的には左手と右手の押すキー群でハの字になっているのが特徴で、これにより自然な姿勢でタイピングができるようになっています。筆者は下のを使用していました。

がしかし使いこなせず、お蔵入りしています。この左と右が分離したキーボードを使うにはブラインドタッチをマスターしている必要があり、人差し指でタイプする筆者には操作性が大変悪かったからです。キーボードの形以外にも、キーボードと机の段差によりマウス同様腱鞘炎になるリスクがあり、手首を保護するためのパッドも発売されています。

キーボードは、マウス以上に好みがありますので、自分のスタイルを崩さない程度に疲労低減ツールを導入するのがいいかと思います。ノートPCは、付属品なしでどこでも作業できて便利ですが、疲労をおさえて長時間作業する際には、別のキーボードやディスプレイを使ったほうが良いと思います。

立って仕事ができるデスク

通常、PC作業は椅子に座って作業を行いますが、一日中ずっと座っていると人体に悪影響があると言われています。では立って作業しようということになりますが、机においてあるPCを前屈みになって長時間向き合うは座っている以上に苦痛ですし、位置が高い机にPCを置くと座って作業できなくなってしまいます。そこで、スタンディングデスク、昇降式テーブルなるものの使用をお勧めします。スタンディングデスクとは、高さを自由に変えられる机のことで、これを使うと自由に立ったり座ったりしてPC作業ができるようになります。大きく分けて2タイプあり、一つは、机自体が上下するタイプで、耐荷重をさほど気にせず、机として自然に使うことができます。ただし最低でも1万円以上、上下を動かすのが電動式となると2万円以上するため、値段が導入のネックです。

もう一つのタイプは、既存の机に乗せて上下させるタイプで、机タイプよりも安価です。机を二段にしたり拡張できるデザインの商品もあり机の有効活用にもなりますが、このデスク自体の重量があるため、載せる机の耐荷重を超えないようにする必要がありますし、立って使うときに寄りかかることはできません。

筆者は、既存の机に乗せるタイプを使用していて、モニター、キーボード、マウスをスタンディングデスクに乗せ、PC本体(ノートPC)は、元の机に置いています。立った状態で使うとモニターに接続するケーブルの長さが足りなかったので延長していますが、モニターの電源コードはオリジナルの長さで足りています。ガス圧で上下するタイプでかつモニターを二つ載せているので、レバーを引きつつ手で補助して持ち上がります。お昼後の朝の頭がフル回転前や昼後の眠たいときに立って作業すると座っているときよりも仕事が捗っている気がします。

デスクを上げた状態(左)とおろした状態(右)、上げると面が写真左においてあるルーターよりも高くなります。

自分が学生の頃、合成の実験が終わり分析の順番待ちになった時に自席に戻ってきて座ってPCに向き合うと、データには目もくれず、Youtubeに夢中になって無駄な時間を費やしてしまった経験があります。隙間時間に座ってしまうと長い休憩時間になってしまいますが、立ってPCに向かっていれば次の仕事に移ることができるため、ラボでもこのスタンディングデスクは役立つのではないでしょうか。

フットレスト

新幹線のグリーン車の前席の下に設置されているのがフットレストですが、机の下に設置できるものが市販されていて、PC作業中に使うと重心が安定して特に椅子の高さの関係で足が床についていないときに疲労が軽減されるそうです。また、足が伸びて椅子の背もたれに背中を預けるようになり、目をモニターに近づけにくくなります。価格は3000円ほどで角度を自由に変えられるのが主流です。筆者も使っていましたが、上記のスタンディングデスクも使用していることもあり、上に乗って壊してしまいました。使い方を守れば有用なものだと思います。

番外編(電話会議に割って入ってくるアレの存在)

家には、Amazon Alexaがありますが、なぜか電話会議になると呼んでもいないので起動します。電話会議の際にはオフにすることをお勧めします。

最後は少し話題がそれましたが、PC作業の負担を低減するツールを上手に使って効率的に論文執筆やデータ整理ができれば、プライベートの時間を充実させることができるのではないでしょうか。

関連書籍

デスクワーク作業に関するケムステ過去記事

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. アルケンとニトリルを相互交換する
  2. 【十全化学】核酸医薬のGMP製造への挑戦
  3. 「新規高活性アルコール酸化触媒 nor-AZADOの有用性」 第…
  4. “Wakati Project” 低コス…
  5. 【8月開催】マイクロ波化学のQ&A付きセミナー
  6. グラム陰性菌を爆沈!!Darobactin Aの全合成
  7. 分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の…
  8. 君には電子のワルツが見えるかな

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2022年7月号:アニオン性相間移動触媒・触媒的分子内ヒドロ官能基化・酸化的クロスカップリング・エピジェネティクス複合体・新規リンコマイシン誘導体
  2. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する
  3. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  4. 2023年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!
  5. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  6. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓
  7. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate
  8. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  9. アレン・バード Allen J. Bard
  10. 金属原子のみでできたサンドイッチ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP