[スポンサーリンク]

archives

Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents

[スポンサーリンク]

 

 

Z選択的ホルナー-エモンズ試薬

ジフェニルホスホノ酢酸エチル, ジ-o-トリルホスホノ酢酸エチルは安藤が開発したホルナー-エモンズ試薬で, Z選択的にオレフィン化を行うことができます。このオレフィン化反応は, 安価な四級アンモニウム塩ヒドロキシドを始めとする多様な塩基を用いることができ, 経済的で簡便なZ-不飽和エステルの導入法です。

“Highly Selective Synthesis of Z-Unsaturated Esters by Using New Horner−Emmons Reagents, Ethyl (Diarylphosphono)acetates”

K. Ando, J. Org. Chem. 1997, 62, 1934. DOI: 10.1021/jo970057c

jo970057cn00001

New Horner−Emmons reagents, ethyl (diarylphosphono)acetates 1, were prepared from triethyl phosphonoacetate, PCl5, and the corresponding phenols. The reaction of 1 with several kinds of aldehydes in the presence of Triton B or NaH in THF solvent revealed that these reagents are useful for the synthesis of Z-unsaturated esters. Among the reagents examined, ethyl(di-o-tolylphosphono)-, [bis(o-ethylphenyl)phosphono]-, and [bis(o-isopropylphenyl)phosphono]acetates (1km) were found to be the most effective, giving Z-unsaturated esters with 93−99% selectivity.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  2. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  3. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  6. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  7. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  8. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOK…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる
  2. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  3. 化学系研究室ホームページ作成ガイド
  4. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  5. 高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻き構造形成の仕組みを解明-
  6. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカップリング反応を実現
  7. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  8. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  9. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  10. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP