[スポンサーリンク]

archives

Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents

 

 

Z選択的ホルナー-エモンズ試薬

ジフェニルホスホノ酢酸エチル, ジ-o-トリルホスホノ酢酸エチルは安藤が開発したホルナー-エモンズ試薬で, Z選択的にオレフィン化を行うことができます。このオレフィン化反応は, 安価な四級アンモニウム塩ヒドロキシドを始めとする多様な塩基を用いることができ, 経済的で簡便なZ-不飽和エステルの導入法です。

“Highly Selective Synthesis of Z-Unsaturated Esters by Using New Horner−Emmons Reagents, Ethyl (Diarylphosphono)acetates”

K. Ando, J. Org. Chem. 1997, 62, 1934. DOI: 10.1021/jo970057c

jo970057cn00001

New Horner−Emmons reagents, ethyl (diarylphosphono)acetates 1, were prepared from triethyl phosphonoacetate, PCl5, and the corresponding phenols. The reaction of 1 with several kinds of aldehydes in the presence of Triton B or NaH in THF solvent revealed that these reagents are useful for the synthesis of Z-unsaturated esters. Among the reagents examined, ethyl(di-o-tolylphosphono)-, [bis(o-ethylphenyl)phosphono]-, and [bis(o-isopropylphenyl)phosphono]acetates (1km) were found to be the most effective, giving Z-unsaturated esters with 93−99% selectivity.

関連記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  3. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  4. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフル…
  5. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  6. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  7. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  8. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  2. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  3. リンと窒素だけから成る芳香環
  4. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  5. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  6. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  7. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  8. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)
  10. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP