[スポンサーリンク]

G

ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Amination

 

概要

アリールハライドとアミン(アミド)間の、銅触媒を用いるクロスカップリング反応。当初はGoldbergらによって銅を当量用いる反応として開発された。近年、配位子の適切な選択によって銅を触媒量に減ぜられることが明らかにされた。
高価なパラジウムを使用しなくてもよいため、経済性の面でメリットが大きい。

 

基本文献

  • Goldberg, I. Chem. Ber. 1906, 39, 1691.
  • Goldberg, I. Chem. Ber. 1907, 40, 4541.
  • Review: Org. React. 1965, 14, 19.
  • Review: Ley, S.V.; Thomas, A. W. Angew. Chem. Int. Ed. 200342, 5400. doi:10.1002/anie.200300594
  • Review: Beletskaya, I. P.; Cheprakov, A. V. Coord. Chem. Rev. 2004, 248, 2337. doi:10.1016/j.ccr.2004.09.014

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

アミド-アリールブロミド間のクロスカップリング[1] goldberg_1.gif
注意点:酸素で触媒が失活するので、アルゴンor窒素雰囲気下で反応を行う。高い収率を得るには溶媒量も重要である。基質の濃度は1-4Mに設定する。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective …
  2. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  3. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  5. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  6. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  7. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  8. ビギネリ反応 Biginelli Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. TFEDMA
  2. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  3. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling
  4. グラーメ・モード Graeme Moad
  5. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  6. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  7. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布
  8. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  9. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  10. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP