[スポンサーリンク]

G

ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Amination

 

概要

アリールハライドとアミン(アミド)間の、銅触媒を用いるクロスカップリング反応。当初はGoldbergらによって銅を当量用いる反応として開発された。近年、配位子の適切な選択によって銅を触媒量に減ぜられることが明らかにされた。
高価なパラジウムを使用しなくてもよいため、経済性の面でメリットが大きい。

 

基本文献

  • Goldberg, I. Chem. Ber. 1906, 39, 1691.
  • Goldberg, I. Chem. Ber. 1907, 40, 4541.
  • Review: Org. React. 1965, 14, 19.
  • Review: Ley, S.V.; Thomas, A. W. Angew. Chem. Int. Ed. 200342, 5400. doi:10.1002/anie.200300594
  • Review: Beletskaya, I. P.; Cheprakov, A. V. Coord. Chem. Rev. 2004, 248, 2337. doi:10.1016/j.ccr.2004.09.014

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

アミド-アリールブロミド間のクロスカップリング[1] goldberg_1.gif
注意点:酸素で触媒が失活するので、アルゴンor窒素雰囲気下で反応を行う。高い収率を得るには溶媒量も重要である。基質の濃度は1-4Mに設定する。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  2. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. ジアゾカップリング diazocoupling
  5. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  6. クライゼン縮合 Claisen Condensation
  7. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  8. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  2. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  3. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  4. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  5. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  6. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  7. 実験する時の服装(企業研究所)
  8. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  9. グラーメ・モード Graeme Moad
  10. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP