[スポンサーリンク]

キャンペーン

タクミナ「スムーズフローポンプQ」の無料モニターキャンペーン

[スポンサーリンク]

以前、「ダイヤフラムポンプなのに脈動がない高性能小型ポンプ」として、株式会社タクミナの製品「スムーズフローポンプQ」に関する記事を執筆しました(記事:脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ)。

紹介後、タクミナの担当者様からメールでご連絡をいただきまして、聞くところによると大手医薬品メーカー・化学メーカー他、国立の研究所や大学から多数のお問い合わせを頂いたそうです。特に、これまで接点が少なかったユーザーからのお問合わせが多かったようで、大変喜んでいました。ユーザーの発想から様々な用途が思い浮かぶような製品は化学には多いと思いますので、今後も積極的に紹介していきたいと思います。

さて、そのタクミナ様からお礼として、ケムステ読者にメリットがあるような案内をしたいというお申し出をいただきました。というわけで、「スムーズフローポンプQ」の4週間のモニターのキャンペーンを読者限定で行います

4週間無料モニターキャンペーンの応募はこちら 

(本モニターキャンペーンは終了しました)

通常は有償でとなるそうで、充分ポンプの性能を試せる期間だと思います。

予想される「スムーズフローポンプQ」の用途

2001462751715

前回の記事で述べたように、「脈動のないダイヤフラムポンプ」という、唯一無二の特徴を示しますが、用途は全く限られていません。以下に用途例を示しますが、これらはすべて実際にQシリーズを納入し、使用した用途例です。

  • 反応実験におけるアルミン酸ナトリウムの供給
  • 高分子凝集剤とラテックスのインライン混合
  • エマルジョン系乳化剤の定量供給
  • 次亜塩素酸ナトリウムの滴下試験
  • 重金属を含む水の液体クロマトグラフィー
  • フラスコ重合でのモノマーの送液
  • フロー溶媒抽出におけるフッ酸の注入
  • たんぱく質含有液の分析装置への供給
  • 水処理の机上試験におけるアンモニアの注入
  • 水処理技術の実証試験におけるポリ硫酸第二鉄の供給
  • 医薬品の原薬試験における原料の定量供給
  • マウスの心臓への生理食塩水の供給
  • アセトンと臭素系溶剤の合成実験
  • 有機シラン化合物を含むトルエン溶液の循環
  • 水酸化ナトリウムとアルカリ性溶液のインライン混合
  • シアン計測用反応剤の添加
  • 電池材料の合成実験における硫酸ニッケルと硫酸コバルトの送液
  • テトラヒドロフランのマイクロリアクターへの供給
  • アンモニア、水酸化ナトリウム、酸性溶液のマイクロリアクターへの供給
  • コイルリアクターでの反応実験
  • 微生物培養液のカラムへの連続注入
  • 中空糸膜の試験における純水の循環供給
  • 電解質を含んだ溶剤の濾過
  • イオン交換樹脂への各種溶剤注入
  • インクカートリッジの充填
  • 飲料用充填機への過酸化水素水の供給
  • 重合ポリマーの連続添加
  • 鋳物用薬品の注入
  • 耐食試験における次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、希塩酸の循環供給
  • 洗浄液の濃度管理のためのサンプリング
  • メッキ工程におけるアルカノールスルホン酸の微量定量供給
  • UV硬化樹脂のコーティング機への移送
  • エタノールの充填
  • ガラス剥離用添加材の噴霧
  • 車載エアコンへの冷媒の充填
  • 鋼鈑への表面処理剤の噴霧
  • 加熱炉への薬液滴下
  • 粘着剤の塗布

このように用途は様々です。これら以外にも適した用途はあるかもしれませんね!

より具体的な実際事例ー岡山大学大学院 環境生命科学研究科西垣研究室

それでもよくわからない!という方に、1件具体的な用途例をお聞きしました。岡山大学大学院 環境生命科学研究科西垣研究室の使用例をご紹介させていただきます。

同研究室では、VOC(揮発性有機化合物)によって汚染された土壌を、微生物の働きを利用して浄化するバイオレメディエーション(生物学的環境修復)の研究をされています。

その際、土壌のサンプルを充填したカラムに、微生物の餌となる栄養分が入った培養液をポンプで注入する必要があり、カラムを通した後の液を採取して、培養液の成分がどのくらい残留しているかも調べたいという要望がありました。

培養液をポンプで注入(写真:西垣研究室提供)

 

そのためできるだけ一定の条件でデータを取るために、流量や圧力の変動が少ないポンプを探していました。この実験では、最低でも1〜2週間、長いときは6週間も継続してデータを取る必要があるので、その間送液量が変化しないのが理想だそうです。

海外の先行研究ではチューブポンプ(ペリスタルティックポンプ)やピストンポンプが使われていましたが、スムーズフローポンプは送液精度が高く、長期間の運転でも流量が低下しないポンプがあると聞いて使用をはじめました。

つまり、長期間、流量や圧力が一定のポンプをもとめて、「スムーズフローポンプ」にたどり着いたということです

使ってみた感想は、ダイヤフラムポンプは脈動が大きいというイメージを持っていたのですが、スムーズフローポンプは脈動がなく、精度が高い点がよいということでした。

現在0.2mL/minで運転しており、少ない流量でも安定して吐出しているそうです。

2016-12-05_22-22-09

滴下量は0.2mL/minと非常に少ない量でも適応可能

今後は培養液の注入量を変えてデータを取り、違いを調べる予定であるとのこと。

いかがでしょうか。類似な状況を望まれている方、面白い使い方を考えついた研究者はぜひモニターして試してみてはいかがでしょうか。前回の記事でも述べたように確かにダイヤフラムポンプとは思えないほどの、安定した送液が体験できます。

4週間無料モニターキャンペーンの応募はこちら

申込期限は2017年4月21日(金)まで。台数に限りがあるそうなのでお早めに!

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  2. コーヒーブレイク
  3. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  4. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応
  5. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  6. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらし…
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  8. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  2. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  3. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  4. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  5. 林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学
  6. 元素も分析する電子顕微鏡
  7. 極性表面積 polar surface area
  8. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  9. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  10. 有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP