[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

    さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45分に発表です。昨年のノーベル化学賞は有機合成化学どまんなか「不斉有機触媒の開発」において顕著な業績を果たした、二人の化学者(デヴィッ…

  2. マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

    開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  3. 第30回ケムステVシンポ「世界に羽ばたく日本の化学研究」ーAldrichimica Actaコラボレーションを開催します

    化学の最新研究を伝えるケムステVシンポ。おかげさまでついに第30回を迎えました。2020年春…

  4. 宇宙で結晶化!? 創薬研究を支援する結晶生成サービス「Kirara」

    分子の3次元構造を確認できる(単結晶)X線結晶構造解析は、現代にとっても強力な構…

  5. 相田卓三教授の最終講義をYouTube Live配信!

    タイトルとアイキャッチ画像で度肝の抜かれた方は多いことでしょう。世界トッ…

  6. 【緊急】化学分野における博士進学の意識調査

  7. 【9月開催】マイクロ波化学のQ&A付きセミナー

  8. 第32回フォーラム・イン・ドージン ~生命現象に関わる細胞外小胞の多彩な役割~ 主催:同仁化学研究所

  9. 基礎講座 有機化学

  10. 快適な研究環境を!実験イス試してみた

  11. 条件最適化向けマテリアルズ・インフォマティクスSaaS 「miHub」のアップデート情報をご紹介 -分子構造を考慮した解析、目的変数の欠損値補完編-

  12. マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

  13. 【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編

  14. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

  15. 半導体領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用-レジスト材料の探索、CMPの条件最適化編-

  16. 新生HGS分子構造模型を試してみた

スポンサー

ピックアップ記事

  1. GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について
  2. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  3. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  4. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  5. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  6. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  7. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP