[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. 勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

    総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではないでしょうか。特にメーカーにお勤めの研究職やエンジニアの方々は研究所やプラントが国内でも全国各地、あるいは海外にあり、ルーティンで異動があると…

  2. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

    学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

  3. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

    概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

  4. 【21卒】太陽ホールディングスインターンシップ

    太陽HDでの研究職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場とし…

  5. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)

    東京都主催の創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラムである「Blockbuster TOKYO」では…

  6. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III

  7. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?

  8. 研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラム”BRAVE”参加者募集

  9. 創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

  10. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

  11. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part II

  12. 学術論文を書くときは句動詞に注意

  13. OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

  14. 1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

  15. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表

  16. 米国へ講演旅行にいってきました:Part I

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  2. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  3. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  6. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  7. 音声入力でケムステ記事を書いてみた

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP