[スポンサーリンク]

一般的な話題

みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!

[スポンサーリンク]

 

 

 

『みんなーニューヨークに行きたいかー!罰ゲームは恐くないかー!』

ええ古いですとも。今の大学院生には通じないなんて重々承知しています。でも子供心に将来はあの番組に絶対参加するんだって思ってたんです。こう見えても私ジャンケンは強いので、空港で勝つ自身はありました。えーっとそこの若者よ意味分からないからってスルーしないで。耳寄りな情報があるんです。

 

 

さて、オヤジの戯れ言は置いておきまして、今回は半ば宣伝のポストです。

皆さんは化学情報協会(JAICI)というのをご存知でしょうか?“化学情報を通じて日本の、そして世界の科学技術の発展に貢献する”を掲げ、現在では、毎日莫大な量の論文や書籍が発表され続ける科学の世界において、それらを網羅的に収集し、その情報を我々ユーザーに提供してくれる大変ありがたい組織なのです。SciFinderなる情報検索サービスに触れたことがある方も多いのではないでしょうか。また、古くはChemical Abstracts、通称ケミアブでお世話になった方もいるはずです。JAICIは現在の化学研究、論文執筆においては欠く事の出来ない存在と言っても過言ではないと思います。

 

そんな化学情報協会が大変魅力的な募集を行っております。その名も“エッセイを書いてアメリカに行こう!”です。ようやくお分かりいただけましたね。冒頭の暴走の意味が。そうなんです。大学院生の皆さん!アメリカに行くチャンスです!しかも無料です!こんな美味しい話が他にあるでしょうか。

とは言えただより高い物は無いという訳ではありませんが、遊びに行く訳ではなく、ちゃんとお仕事もあります。今年で3回目となりますが、SciFinder Future Leaders in Chemistryプログラムに参加し、8月中旬にオハイオ州コロンバスにあるCAS (Chemical Abstracts Service)に赴き専門スタッフや世界各国からの参加者とミーティングを行います。また近郊にある大学や研究機関の見学もあるようです。

さらに、ペンシルバニア州フィラデルフィアにて開催される244th ACS National Meeting & Expositionにも参加できるんです!羨ましすぎます。

旅費、宿泊費、食費が無料。それに加えてなんと1000米ドルが支度金として支給されるとのこと。なんて至れり尽くせりなんでしょうか。こんな美味しい話に乗らない道理がありません。さあ今すぐ応募しましょう!

5月4日が締め切りとなっております。詳細はこちらです!

 

とここまでが宣伝です。実はこれに関するパンフレット(のようなもの)を頂きまして、我が研の学生に対して君たち出してみれば?と言ったら、あまりよい返事が返ってきませんでした。また1000ドルと言えばかなりの大金だよと言ったら、なんと生意気にも“8万円って微妙だよね“などとほざく始末。おかげで怒りのあまりこんな記事を書いてしまいました。円高が全ていけないんですが、お金の問題じゃあないんですよね。

昨今、我が国の学生は留学志向が低下しているとか、ハーバード大学への日本人留学生は数人しかいないとか、たまにニュースで目にします。確かに、我が国は国内で様々なことが完結出来る世界でも数少ない国の一つです。よって一生外国人と接しなくてもなんとかなると言えばなんとかなります。しかし、若い時に外国に討って出て、外国人と様々な議論や交流をすることは人生観を変えるような貴重な経験となることは間違いありません。過去二回の参加者のインタビュー記事もJAICIのHPにありますが、大変よい経験をされたなあというのがひしひしと伝わってきます。筆者が大学院生だった時にこんな素晴らしいプログラムがあったならばと臍を噬むばかりです。

大学院生の君!必ず応募すべし!ただしケムステを見たと書いても化学会年会の時みたいな特典は無いのであしからず。

 

 

関連書籍

 

ペリプラノン

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  2. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する
  3. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  4. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  5. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  6. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  7. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  8. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  2. 酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―
  3. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  4. トーマス・エブソン Thomas Ebbesen
  5. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  6. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  7. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?
  8. 第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催します!
  9. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  10. ステファン・ヘル Stefan W. Hell

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学ことはじめ(1) 何が必要なの??

化学の中で酸化還元反応というのは非常によく出てくるトピックであり、高校でも水の電気分解から電気化学系…

【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論

(↓kindle版)概要インピーダンス測定の結果をいかに解釈すべきか.その理…

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP