[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション

 近年ユーザ数を着実に増やしつつあるiPhone/iPodTouch。筆者も今更ながらに念願のiPodTouch(第二世代)を購入し、PDA(携帯情報端末)としてスケジュール管理などに活躍させています。モバイル機器の在り方を変えてしまったと言われるだけあって、確かに凄いアイテムな印象で、何より「触って楽しい」のが良い点ですね。

さて、こんなに便利で楽しいiPhone/iPodTouchを、化学研究に上手く活用できないか?と考え、iTunes Storeを漁ってみました。すると、いくつか面白そうなソフトウェアが見つかりました。

今回はそれらを紹介してみましょう。

 

Organic Chemistry Express Organic Chemistry Express

orgexp1.jpg

有機化学を専門とする院生3人が作成した、iPhone用有機化学データベースです。 ¥1200の有料ソフトですが、お金を取るだけあって相当な充実度です。およそ800の有機化合物・400の有機化学反応・200の反応機構が収められており、Wikipediaにすら載ってないハードコア事項まで載っている力作です。有機化学者にとっては便利に使えると思えます。
欲を言えばprimary referenceとそれへのリンクがついていて、ブラウザを介してWebジャーナルサイトへすぐ飛べると素晴らしいのに・・・と感じました。
【2009.03.27 追記】 当初表記していた¥230というのは発売当初のセールスプライスだったようで、実際の販売価格は¥1200が正しいようです。
現在は600円で入手可能。

 

orgexp2.png

Solutions Solutions

solutions_iPod1.png

化合物溶液を作りたい、という時に便利な濃度計算ソフトです。分子量・モル濃度・必要化合物量・体積の4パラメータのうち、3つを入れれば残りの1つを計算してくれます。有料(¥350)。

このソフトはちょっと優れており、入力された分子式から分子量の計算ができる機能も持っています。さらには、オンライン化合物データベースであるChebiPubChemから化合物を検索してくることもできます(分子名だけでなくCAS No.でも検索可能)。この機能によって、複雑な化合物でも簡単に分子量を取得できます。
とはいえこれだけでは、わざわざiPhoneを使わずとも、電卓一つで事足りる気がしてしまいます。上手く使えば意外に便利なのかも知れませんが、¥350払う価値があるかと言われれば・・・ちと微妙?

solutions_iPod.jpg

 

Molecules Molecules

molecules_iPod.png

 

 

Protein Data Bankなどからデータ取得してきて、分子の3D図をiPhone上で表示できるソフトウェアです。ぐりぐり回転させたり、拡大させたりも、タッチパネルだとお手の物。閲覧のみで編集出来ないので、いわゆる娯楽ソフトの部類に入るように思えます。
デフォルトで表示されるDNA分子は、なかなか綺麗で癒されますよ。無料。

molecules_iPod2.png

 

i-Clicker PowerPoint Remotei-Clickr PowerPoint Remote

iclicker.png

 

なんとiPhone/iPodTouchをパワーポイントのリモコンにしてしまえるソフト。化学に限らず、プレゼンテーション全般に役立ちそうです。無料バージョンのLiteはスライド15枚という使用制限があって、正直ちょっと使い物にならないのですが、¥1200払って有料バージョンを手に入れれば無制限になります。PC側でクライアントソフトをインストールした後、起動する必要があります。
ややお高いので使用頻度と相談ですね。

 

 

Powerpointに限らず全てを遠隔操作したい、という人は、iPhoneを無線マウス化してしまえるAirMouseProAir Mouse Proという有料ソフト(¥700)があります。
こちらのほうが場合によっては、汎用性が高くて便利そうに感じます。

 

Kindle for iPhone/iPodTouch Kindle for iPhone(US Store)

 
kindle_icon.png

Amazon.comがごく最近画面の大きなバージョンを売り出して話題の、電子ブックKindle(キンドル)。そのiPhone対応版です。Kindle筐体は$300以上するのですが、iPhone版はなんと無料
Amazon.comではKindleストアがオープンし、電子版の教科書・専門書も沢山発売されています。もちろん化学分野の書籍も多くあります。Kindle版の売上げは、いまや紙媒体の35%にまで上るというデータもあるほどで、電子ブック文化が米国ではかなり浸透しつつあるようです。
Kindle自体が日本未発売ゆえか、イマイチ日本国内での知名度に欠けるのが実情のようです。しかしAmazon.com自体は、日本にいても使おうと思えば使えますし、Kindle用書籍は電子データなので送料もかかりません。理屈の上では、日本からでも問題なく使用可能なソフトといえます。
しかし今のところ米国iTuneStoreからしかダウンロードできないので、ややトリッキーな手順が必要になるようです。どうしても導入したい人は、この辺この辺この辺の解説などを参考にして実行してみてはいかがでしょうか(あくまで自己責任で)。

筆者も最近、『Molecules of Murder: Criminal Molecules and Classic Cases』という洋書をKindleストアで購入し、このソフトを使って読んでいます。最初は「こんな小さな画面で読書なんてできるのか?」と先入観を持っていたのですが、実際使ってみると、意外にもかなり快適に読めることが分かりました。何より、かさばらずにポケット一つで持ち運べる点が大きく、言うことがありません。

あの重たく分厚い教科書・専門書にしても、必要なときにオンラインで購入・ダウンロードして、ポケットサイズの携帯デバイスに全てを入れて読み、保存もかさばらず便利・・・という未来像になってくるのかと思うと、何とも夢があるソフトではないでしょうか。是非日本での普及も期待したいのですが、出版業界の意向次第であることを考えると、まだまだ導入への道のりは長そうです。【2009.6.4 加筆修正】

 

筆者はiPodTouchを使い始めてまだ日が浅いですが、以上のアプリケーションは触ってみてなかなか良さそうに感じました。
ちなみに「超便利!人生変わった!」と思えるインパクトがあったのは、やはりKindleシステムですね。

今後も役立ちそうなソフトを見つけ次第、紹介してみたいと思います。他にも良いソフトをご存じの方は、是非コメント欄などで教えていただければ幸いです。

ところで、ケムステコンテンツの「ケムステニュース」「化学者のつぶやき」にもiPhone/iPodTouch版が最近出来ました。ブックマークを是非よろしくお願いします。
ケムステニュース(iPhone専用) URL http://www.chem-station.com/chemistenews/i/

化学者のつぶやき(iPhone専用) URL http://www.chem-station.com/blog/i/

関連商品

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 二酸化炭素をはきだして♪
  2. (+)-フォーセチミンの全合成
  3. Reaxys体験レポート反応検索編
  4. 【PR】Twitter、はじめました
  5. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science D…
  6. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加
  7. Evonikとはどんな会社?
  8. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  2. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  3. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  4. 幾何学の定理を活用したものづくり
  5. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  6. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  7. 未来の科学コミュニティ
  8. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  9. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  10. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP