[スポンサーリンク]

一般的な話題

在宅となった化学者がすべきこと

[スポンサーリンク]

筆者も会社から在宅指示が出て、家で仕事をするようになりました。もちろん業務に関する仕事を続けることが在宅の大前提ですが、実験など在宅ではできない仕事がなくなり、時間には余裕ができた人もいるかもしれません。そんな時間に余裕がある今だからこそ、チャレンジすべきことをまとめてみました。大それたことはないのであしからず。

在宅のメリット

実験に日々の時間を費やしていた化学者にとって在宅は、苦痛の極みかもしれません。しかしながら、見方を変えれば在宅はデスクワークに集中できるいい機会と考えることもできます。三度の飯より実験が好きな筆者は、まとめるレポートがあってもふらふらとラボに行き、必要もないのに片付けや試薬の補充などをしてしまいますが、在宅ではそのような作業はないのでデスクワークに集中できてます。せっかく集中できる環境であるのならば、いつもはできないことにチャレンジするいい機会だと思い、今だからこそ下記のような取り組みにチャレンジすることを提案します。

データ整理

まずは、研究に近いタスクとして、データの整理が挙げられます。結果をちらっとみて放置している実験データの一つや二つ誰しもあると思いますが、そんな塩漬けのデータを整理するにはいい機会だと思います。その時は何も感じなくても、見返してみると新たな発見や次の研究のヒントがあるかもしれません。データ整理となれば、エクセルに表を作ることになると思いますが、時間があるからこそ面倒な繰り返し作業をショートカットする方法を調べて、取得するかもしれません。

語学学習

語学の学習の一歩を踏み出したり、続けたりすることはとても大変です。日々、期限に追われる仕事が少なくなった今、語学学習を始めるのはいい機会だと思います。各社から提供されているオンライン英会話は、この状況下でもサービスが継続されているようです。

オンライン英会話を提供するNativeCampでは、新型コロナウイルスの影響で、3〜5月に実施予定の「英検」「TOEIC®」「TOEFL®」「IELTS」の受験ができなくなった方に無料のスピーキングテストとレッスン予約時に使えるコインを提供しています。

データサイエンス

近年のデータサイエンスの発展により、化学分野においてもAIに関連した論文が数多く発表されるようになってきて、実際に筆者の周りでもAIを使った研究プロジェクトが始まっています。大雑把にAIを使う目的をまとめると、AIを使って実験を効率的に行うか、AIによって今までは分からなかった規則性を発見することであり、得られた結果の理解にはその分野の知識が必要です。化学者がAIを1から実装することは現実的ではありませんが、AIによってはじき出されたデータを見て化学的な解釈を考える機会は増えてくると思います。そんな時のためにデータサイエンスの基礎を勉強をしておくいい機会だと思います。実際にデータを解析してみることが勉強になりますので、上記で整理したデータを使って解析してみると面白いかもしれません。

データ化学工学を専門とする明治大学 理工学部 応用化学科の金子弘昌先生の著書

キャリアデザイン

自分のキャリアを見直すことも時間があるときに行うことの一つだと思います。具体的には過去の仕事や研究内容を見直し履歴書や職務経歴書を作成してみることが挙げられます。すぐに就職や転職の予定がなくても、今後のキャリアを考える上で過去の経験をまとめることは必要だと思います。

職務経歴書の書き方:Spring転職エージェントによる職務経歴書の書き方の解説。研究内容をまとめるのは簡単ですが、研究における立ち位置と成功における自分の寄与をまとめることは、容易ではありません。

他分野の学習

気を抜くと、Youtubeで面白い動画を再生したくなりますが、他分野の勉強として動画を視聴するのも有意義だと思います。宿題として毎日1時間動画を視聴して感想文を書きなさいと言われたら、いくら動画を使った学習でも全く魅力を感じないと思います。しかし、自主的な勉強である分には、感想文を書く必要もありませんし、他の作業をしながらの視聴、早送りも問題ありません。化学だけでなく上記に挙げた英語やデータサイエンスに関する動画も数多く公開されていますので、ゆるく見ることが長続きの秘訣ではないかと思います。

ケムステ主催で化学のバーチャルシンポジウムを実施します。

PC作業効率化の勉強

時間がないときは、自分のスキルでどうにかしようとしますが、それが最も効率の良い方法とは限りません。時間がある今、新しいPC作業スキルを身につければ、今後の作業をより効率化できます。例えば、便利なエクセルの関数を発掘したり、マクロによる自動的な生データの抽出、ブラインドタッチ、ChemDrawのショートカットなどが挙げられます。

資格試験

危険物取扱者高圧ガス製造保安責任者といった資格試験の勉強に時間を費やすのもお勧めできます。筆者は危険物甲種をかなり前に取得しましたが、高圧ガス製造保安責任者の甲種化学は一回受けて不合格だったので休止しています。研究開発に携わる限り資格が求めれることはないと思いますが、ラボや工場のルールや制限は該当する法律を守るように決められているので、資格取得のために法令を勉強することは重要だと思います。

ケムステに記事を投稿する

Gakushiさんの言葉を引用しますが、自分ができることを紹介するだけで、知らない人には意外と役立つことがたくさんあります。ケムステでは化学に関する記事ならなんでもWelcomeですので、この機会に記事を書いてみてはいかがでしょうか。

ケムステメンバーの募集はこちらよりどうぞ。

在宅でのチャレンジをいろいろまとめましたが、化学の研究はやはり現場があってこその仕事なので、制限なく研究に打ち込める日が早く戻ることを切に願います。

関連書籍

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  2. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  3. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタ…
  4. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  5. 茨城の女子高生が快挙!
  6. 酵母菌に小さなソーラーパネル
  7. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  8. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素っ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  2. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  3. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  4. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ
  5. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  6. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration
  7. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  8. 人物でよみとく化学
  9. Nrf2とKeap1 〜健康維持と長寿のカギ?〜
  10. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP