[スポンサーリンク]

一般的な話題

クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ

[スポンサーリンク]

am

 

有機化学者の必須ツール「クロスカップリング用  Pd触媒」について、いくつか小ネタが溜まってきたので、ここらでまとめて晒しておきます。

*筆者は単なる反応ユーザーであって、クロスカップリング反応や触媒のプロではありません。また、人から聞いた話を並べるだけで、自分で裏付け確認して無いことばかり書きます。間違ってても許してね。

やっぱ基本はテトラキス?

tetrakis.png

昔からよく使われている触媒 Pd(PPh3)4、通称「テトラキス」。最近の動向では「e-richなリガンドをもつ触媒が高活性だ」という事になってますが、経験的には色々検討し たけどテトラキスでのみ目的物得られた、なんて事もあるので、検討項目には入れといた方が良いでしょう。

こいつの弱点は、温度/酸素への 安定性に乏しく、試薬瓶の蓋の開け閉めに伴って瓶中に混入する酸素によって徐々に分解し、明るい黄色⇒オレンジ⇒茶色⇒灰色と変色して活性を失います(オ レンジ超えたら使いたくないですねぇ)。噂では、UVランプの長波長当てて、キラキラ光れば活性ありだとか… 私は試薬購入したらば全量をナスフラスコに移し窒素置換し冷凍庫に放り込んじゃいます。

やったことなくて恐縮ですが、合成は簡単みたいです(こちらのブログに写真あり)
1. 塩化パラジウム(Ⅱ)とトリフェニルホスフィンをDMSO溶媒中でかき混ぜる
2. ヒドラジンを入れる
3. 固体をろ過 ⇒ DMSOを洗い減圧乾燥

さらにこちらのブログには ” I will never really understand why people bother to buy “ とまで書かれてます!(そんな事言っても、つくった事ないから買っちゃうんだよねぇ…)

 

Pd2(dba)3:安定なパラジウムソース ??

pddba.png

Pd とリガンドを別々に入れる際に使うPdソースは、Pd2(dba)3とPd(OAc)2とが代表選手でしょうかね?

通称「ディービーエー」。こいつには色々亜流があって混乱しますね:Pd2(dba)3, Pd(dba)2, Pd2(dba)3,-CHCl3, Pd2(dba)3,-n(dba), etc… ところが、この亜流には意味は無いようです!?

Pd触媒製造の世界的メーカーの方に話を聞いたのですが「Pd2(dba)3と Pd(dba)2はどちらも嘘で、Pd に対してもっと過剰にdbaが無いと錯形成せずにPd black で沈殿してしまう。どれもPd2(dba)3-n(dba)が正しい」です。 更には「試薬の中のPdがどれだけ錯形成していて、どれだけ Pd blackが混じってるか解らない。製法によるからサプライヤーによって違うハズ」だそーで、マジすか!?今まで信じてたのに…

Pd2(dba)3,-CHCl3(クロロホルム錯体)だけが、きちんと量論比に従った均一の錯形成をするそうです。そういえば、大昔に先輩から「室温でクロロホルムが飛んじゃうから冷蔵保存する」と言われたんですが、、、ホント???

 

Buchwald リガンド & follwers

buchwaldligand.png

Buchwaldらは Xphos等のdialkylbiaryl phosphineがPdクロスカップリングの良いリガンドになる事を見いだしており、これらは通称 Buchwald リガンド と呼ばれます。

有名どころは、JohnPhos, SPhos, XPhos, DavePhos, RuPhos, BrettPhosといった所でしょうか?(AldrichのHPにまとめられています)。やっぱ気になるのがその名前ですよね。

MIT に留学していた方に聞いたところ「あれはリガンドを合成した学生の名前。僕はJohnもBurettも知ってる」とのことです。リガンドに自分の名前が付いて世界中で使われるとなれば、研究者冥利につきますね!そうやってラボメンバーのモチベーションを上げるのが Buchwald のマネジメント手法のようです。

Buchwaldグループ以外から、特に企業からのBuchwald型リガンド(似て非なるリガンド)の研究報告も目に付きます。Buchwaldリガン ドはMITの特許があるため、研究目的外の「生産」段階ではライセンス料を支払う必要が出てくるので、特許クレーム外のリガンドを研究する必要があるそう です。そうしてfollowersが生まれる訳です。(同様の事例は、不斉水素化での野依触媒、オレフィンメタセシスでのGrubbs触媒の特許抜け followersでもよく見られます。)

 

Fuリガンドの最近

fuPtBu3.png

おそらく最強の電子供与性をもつ trialkyl phosphine、 通称「Fuリガンド」ですが、PtBu3は酸素に不安定で速やかに酸化されてしまうため、窒素下での秤量・溶存酸素の厳密なケアが必要となり、なかなか使い難いリガンドでした。というか、私の雑な実験では、うまく反応がいった試しがありません。

最も不安定なのは trialkyl phosphine 単体状態であり、錯体となれば安定性が増します。そこで最近ではtrialkyl phosphine そのものを秤量するのではなく、

  1. Tri-tert-butylphosphonium Tetrafluoroborate を中和して系中発生させる
  2. Bis(tri-tert-butylphosphine)palladium(0) 錯体を始めから用いる

の2つの方法が汎用され、安定した反応仕込みが達成されています。

 

PdCl2(dppf) & followers

pdcldppf.png

PdCl2(dppf)は安定・優秀なクロスカップリング触媒で、私は鈴木・宮浦カップリングを行う時の第一選択にしています。論文にも頻出しますね。

ですが、反応性の乏しい基質では、より電子供与性の高いリガンドが欲しくなるところ。そこで最近流行りつつあるのが ” dtbpf ” と “ Amphos” です。Amphosは、Amgen社のケミストにより生み出されたリガンドですが、彼らは特許出願をしなかったので、その優れた活性と併せて権利的にも使い易い触媒となっています。

【追記】ちなみに現在(2014年12月)では関東化学の価格が最も安価でおすすめです。定価 1g ¥9,000 5g ¥ 30,000 詳細はこちら

どちらも電子供与性の高い tBu基を有し高活性でありつつも、高い安定性も併せ持ち、空気中での秤量・室温保存を可能としています。思った以上に使い易いので、これからカップリング触媒の第一選択にしよっかな?

NHCリガンド

nhcmetalcomplex.png

Grubbs Ru触媒で大輪の花を咲かせた NHC リガンドが、 クロスカップリングPd触媒においても展開をみせはじめております。PEPPSIumicore社触媒など種々市販されています。

特徴としては反応活性が高いという点はもちろんですが、最大の特徴は「触媒の堅牢性が高い事」にあるようです。他の触媒と異なり、NHCリガンド錯体は反応終了後も錯体状態を保つそうで、

  1. 分液すると錯体のまま有機相にいく (Pd blackは出てこない)
  2. 有機溶媒によく溶けるので、再結晶で除ける
  3. シリカ/アルミナ等の濾過で原点に保持される (テーリングして目的物に混入しない)

等の特徴を有しており、結果として目的物との分離に優れるそうです。医薬品を始めとする生物活性物質の合成には、最終生成物へのPd混入量は低レベルに規定する必要があるので、分離良好なNHC錯体は今後ますます流行るような気がします。

 

 

以上、最近仕入れたPdネタ集でした。その他に面白いネタがあれば教えてください!

 

関連記事

 

関連リンク

関連記事

  1. ショウリョウバッタが吐くアレについて
  2. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  3. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  6. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう…
  8. 「えれめんトランプ2.0」が発売された

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  2. オリンピセン (olympicene)
  3. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ
  4. CAS番号の登録が1億個突破!
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  7. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  8. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  9. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  10. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP