[スポンサーリンク]

ケムステニュース

リピトールの特許が切れました

 世界で一番売れてる薬。知ってますか?血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げるお薬「リピトール」です。2010年度の売り上げは約120億ドル。販売元のファイザーのメインエンジンです。2011年11月30日、米国においてこの特許が満了を迎え安価なジェネリック医薬品が解禁となりました。

世界最大の売り上げを誇るファイザーの高脂血症治療薬「リピトール(アトルバスタチン)」の市場独占期間が満了を迎えました。日本と違いアメリカの民間保険制度では、その保険会社が安いジェネリック医薬品への切り替えを強制的に誘導するために、いっきに後発品が浸透します。日本においても5つのジェネリックメーカーが後発品の販売を開始しました。

このリピトール特許満了で、特許期間中である他のスタチン製剤への影響も懸念されています。ほぼ効果の変わらない高価なスタチン製剤を使うなら、安価なリピトールのジェネリックに切り替えてしまえ、という発想です。その標的になるのが「クレストール」です。塩野義製薬が創製し、アストラゼネカがグローバルで販売を行っています。塩野義製薬に入るロイヤリティー収入はは2010年度で642億円。塩野義製薬の売り上げ全体の約23%に相当します。クレストール→リピトール後発品、への切り替えがどの程度の影響を及ぼすのか、塩野義製薬の今後の決算に注目です。売り上げのロイヤリティー収入の欄に注目しておきましょう。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  2. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベ…
  3. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  4. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  5. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  6. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  7. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  8. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  2. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  3. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  4. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  5. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  6. MSH試薬 MSH reagent
  7. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  8. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  9. フィル・バラン Phil S. Baran
  10. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP