[スポンサーリンク]

ケムステニュース

リピトールの特許が切れました

 世界で一番売れてる薬。知ってますか?血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げるお薬「リピトール」です。2010年度の売り上げは約120億ドル。販売元のファイザーのメインエンジンです。2011年11月30日、米国においてこの特許が満了を迎え安価なジェネリック医薬品が解禁となりました。

世界最大の売り上げを誇るファイザーの高脂血症治療薬「リピトール(アトルバスタチン)」の市場独占期間が満了を迎えました。日本と違いアメリカの民間保険制度では、その保険会社が安いジェネリック医薬品への切り替えを強制的に誘導するために、いっきに後発品が浸透します。日本においても5つのジェネリックメーカーが後発品の販売を開始しました。

このリピトール特許満了で、特許期間中である他のスタチン製剤への影響も懸念されています。ほぼ効果の変わらない高価なスタチン製剤を使うなら、安価なリピトールのジェネリックに切り替えてしまえ、という発想です。その標的になるのが「クレストール」です。塩野義製薬が創製し、アストラゼネカがグローバルで販売を行っています。塩野義製薬に入るロイヤリティー収入はは2010年度で642億円。塩野義製薬の売り上げ全体の約23%に相当します。クレストール→リピトール後発品、への切り替えがどの程度の影響を及ぼすのか、塩野義製薬の今後の決算に注目です。売り上げのロイヤリティー収入の欄に注目しておきましょう。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  3. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  4. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  6. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  7. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  8. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最近の有機化学論文2
  2. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  3. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  4. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  5. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  6. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  7. 分子素子の働き せっけんで確認
  8. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  9. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  10. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP