[スポンサーリンク]

ケムステニュース

リピトールの特許が切れました

[スポンサーリンク]

 世界で一番売れてる薬。知ってますか?血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げるお薬「リピトール」です。2010年度の売り上げは約120億ドル。販売元のファイザーのメインエンジンです。2011年11月30日、米国においてこの特許が満了を迎え安価なジェネリック医薬品が解禁となりました。

世界最大の売り上げを誇るファイザーの高脂血症治療薬「リピトール(アトルバスタチン)」の市場独占期間が満了を迎えました。日本と違いアメリカの民間保険制度では、その保険会社が安いジェネリック医薬品への切り替えを強制的に誘導するために、いっきに後発品が浸透します。日本においても5つのジェネリックメーカーが後発品の販売を開始しました。

このリピトール特許満了で、特許期間中である他のスタチン製剤への影響も懸念されています。ほぼ効果の変わらない高価なスタチン製剤を使うなら、安価なリピトールのジェネリックに切り替えてしまえ、という発想です。その標的になるのが「クレストール」です。塩野義製薬が創製し、アストラゼネカがグローバルで販売を行っています。塩野義製薬に入るロイヤリティー収入はは2010年度で642億円。塩野義製薬の売り上げ全体の約23%に相当します。クレストール→リピトール後発品、への切り替えがどの程度の影響を及ぼすのか、塩野義製薬の今後の決算に注目です。売り上げのロイヤリティー収入の欄に注目しておきましょう。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  2. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  3. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  4. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  5. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  6. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  7. 肩こりにはラベンダーを
  8. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  2. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  3. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  4. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編
  5. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  6. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  7. 日本化学会と対談してきました
  8. (+)-マンザミンAの全合成
  9. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  10. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP