[スポンサーリンク]

キャンペーン

2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン

chemstespringer2012.png

冬も真っ盛りの12月がやってきましたね。つまり今年のカレンダーも後残り一枚になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。実は今年はそんな年末に福岡で2つの大きな学会の年会が開かれます。日本分子生物学会年会日本生化学会大会です。読者の中にも参加する方は大勢いるのではないでしょうか。実は昨年日本生化学会大会参加の読者のために、大手学術出版社のシュプリンガージャパンと組みまして、読者へ特別割引を行いました(記事はこちら)。今年もそんなケムステ読者のために、少し分野はずれますが日本分子生物学会年会への参加者も加えて、再びシュプリンガージャパン社にお願い致しまして読者特典を出してもらいました!

 

企画の詳細はこちら!

学会会期

第35回 日本分子生物学会 2012年12月11日(火)-12月14日(金)

第85回 日本生化学会 2012年12月15日(土)-12月16日(日)

 

会場:

マリンメッセ福岡 多目的展示室(〒812-0031 福岡市博多区沖浜町7-1)

シュプリンガー・ジャパン小間 No. 173(分子生物学会) & No. 98(生化学会)

* 小間番号は、それぞれの学会で異なっていますが、実際は同じ場所にあります。

 

◆◆ キャンペーン内容: ◆◆

◆期間: 12月11日?12月31日(分子生物学会開始日から年内一杯

◆内容: 書籍2割引 & Springer特製USBとエコバッグを進呈(下記に詳述します)

◆取扱書店: DDM(ディジタルデータマネジメント)

◆割引対象書籍: シュプリンガーの英文書籍 約240タイトル(展示タイトルが約90の他、タイトルリストに記載されている全タイトルを対象とします)

 

詳細は、以下の通りです。

◆会期中 会場で「ケムステを見た」と言ってご注文の方には、書籍2割引 & Springer特製USBとエコバッグを進呈対象:

分子生物学会(12/11-12/14)では先着30人。生化学会(12/15-12/16)でも先着30人

◆ウェブ展開 会期中、及び会期後(12月31日まで)、学会名を「Chem-Station」と書き添えて、DDMにご注文頂くと、書籍2割引 & USBとエコバッグを進呈対象: 先着30人

 

というわけで2つの学会、ウェブあわせて合計90名様に特別割引と特典を用意していただきました。すでに、割引対象となっている書籍は学会書籍販売をいつも取り扱っているディジタルデータマネジメントのホームページに掲載してあります。一部を掲載させていただくと、英語のプレゼンテーション上達に役に立つEnglish for Presentations at International Conferencesや、今年のノーベル賞を受賞した山中先生の書籍Nuclear Reprogramming and Stem Cellsなどを含めた240タイトルがかなりお安く購入できます。

 

chemstespringer2012-2.png

特典の特製USBとエコバックはこんな感じ。

chemstespringer2012-3.png

以上の特典を受けられる合い言葉はいつもどおり、そして上述したとおり

ケムステを見た

です。この言葉の後会場で注文してください(販売員はちゃんと知っていますから大丈夫です)。

「えーはずかしい!」と思われるそんな貴方には2つの回避方法があります。1つはネットで注文!会期中、及び会期後(12月31日まで)、学会名を「Chem-Station」と書き添えて、DDMにご注文頂くと(注文書はこちら!リストの最後にあります)、書籍2割引 & USBとエコバッグを進呈対象となります。「もう、定員オーバーになっちゃったんですけど」という貴方にも朗報ですね!

2つめは、こんなプリミティブで申し訳ございませんが、こんなチラシ(PDFファイルです)をつくってもらいました。これを印刷して、見せればカンペキ。リストをすぐに知りたい貴方にもQRコードがついていますので携帯ですぐにアクセスも可能です。

ちなみに化学分野ではおなじみになっている本サイト。ある学会では書籍の特典キャンペーンを行ったところ8割以上の方が「ケムステをみた」で購入していただいたようです。しかし生物に偏るにしたがって、全く知らない方がほとんどだと思われますので、チャンスは大いにあります。というわけで約1週間後からはじまる2つの大きな学会で良書を安くゲットしてください!

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  2. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!
  3. α-トコフェロールの立体選択的合成
  4. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  5. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  6. シュガーとアルカロイドの全合成研究
  7. 史上最強の塩基が合成される
  8. ベンゼン環記法マニアックス

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞をすりつぶすと失われるもの
  2. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  3. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  4. DOWとはどんな会社?-1
  5. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement
  6. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  7. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  8. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  9. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  10. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP