[スポンサーリンク]

一般的な話題

対決!フタロシアニンvsポルフィリン

[スポンサーリンク]

 

 

分子の気持ちになって考えてみて!

 

指導教員からよく言われる言葉です。

具体的なアドバイスが欲しいのに、うまくかわされる時に使われるような気が、、、

人間の気持ちすら理解できないのに分子の気持ちなんて本当に理解できるのでしょうか?

今回は、世の中に無数にある分子の中からフタロシアニン、ポルフィリンの気持ちを紹介したいと思います。

フタロシアニン、ポルフィリン、この二つは構造が非常に良く似ていますが、異なる点も多いです。

そして、お互いに憎み合っている?ようです。

 

フタロシアニンの気持ち

「人間って大変だな・・・だってポルフィリンが体中流れてるんだろ・・・?俺なら耐えられんわ・・・」

「フタロシアニンは1928年に発見された人工色素で、自然界にはない芸術作品なんだ。 それに対してwwwwポルフィリンwwwww葉っぱにもいっぱい入っててwwwwレア度ゼロwwwwwwwwww」

「ブロッコリーにはポルフィリンが入ってるから絶対食べない!!」

「フタロシアニンは熱的、化学的にとても強い色素です。」

「ドラえも~~~ん!(泣) ポルフィリンが「や~い!メソ位に置換基入れてみろ~!」とか言っていじめてくる~!(泣)」

「さて、ポルフィリンを殲滅するか…」

 

ポルフィリンの気持ち

「ポルフィリンはすぐそばにいる。葉の緑やビタミン。そして血液の赤、そう、あなたの中にもね。」

「フタロシアニンのQ帯の自己主張の強さにドン引きしてる!」

「!!新幹線に乗るな!! 新幹線の青や緑はフタロシアニンです!!高速で移動するフタロシアニン・・・吐き気がする・・・ 新幹線に乗ることはゴキブリに乗るのと同じです。絶対乗らないようにしましょう!」

「私とフタロシアニンは確かに見た目が似てる。でもスペクトルも違うし全く似て非なるものだと思ってください。アイツとだけは一緒にしないで。」

「人間はポルフィリンがないと生きていけない。ポルフィリンを崇めよ。ポルフィリンを祀れ。」

「私はテトラピロール類の代表格ですが・・・フタロシアニンと一緒にされるのだけは許せない。」

「メソ位に置換基入れれないフタロシアニンのみなさーんwwwwwwwwwwwww」

以上すべてフタロシアニンbotポルフィリンbotからの抜粋でした。

でも、学会での発表件数を見ているとポルフィリンの圧勝なような気が…

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻…
  2. 香料:香りの化学3
  3. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  4. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御す…
  5. 保護基のお話
  6. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  7. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  8. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  2. 化学五輪で日本の高校生2人が金メダル
  3. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  4. プラスマイナスエーテル!?
  5. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activation
  6. カンプトテシン /camptothecin
  7. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  8. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  9. カルボプラチン /carboplatin
  10. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP