[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

1,4-ジケトン(アルデヒド)と第一級アミンから、酸脱水縮合により置換ピロールを合成する手法。パール・ノールピロール合成の方が発音が近い。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 2863.
  • Paal, C. Ber. 1884, 17, 2756.
  • Korostova, S. E. et al. Russ. J. Org. Chem. 199834, 1691.

 

反応機構

参考:J. Org. Chem. 199156, 6924.
paal_knorr_pyrrole_2.gif

反応例

Roseophillinの合成[1] paal_knorr_pyrrole_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Trost, B. M.; Doherty, G. A. J. Am. Chem. Soc. 2000122, 3801.DOI: 10.1021/ja9941781

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  2. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  3. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  4. 植村酸化 Uemura Oxidation
  5. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  6. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  8. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子ってよく聞くけど、何がすごいの?
  2. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得
  3. イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!
  4. Carl Boschの人生 その3
  5. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  6. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  7. ペプチドの精密な「立体ジッパー」構造の人工合成に成功
  8. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  9. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  10. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP