[スポンサーリンク]

会告

研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラム”BRAVE”参加者募集

[スポンサーリンク]

経営人材の獲得を通じてチーム体制が強化できる、国内最大規模の技術系特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE 2019」の参加者を募集しています。化学関係の研究者・ベンチャーのご応募を歓迎しています!

BRAVEは国内最大規模のテクノロジー特化型の、約二か月間のアクセラレーションプログラムで、革新的科学技術を用いて実用・事業化を目指す研究者、または創業前後の技術系ベンチャーの事業化を支援します。最大の特徴は、経営人材候補の採用・育成を通じて、参加チームの体制強化をサポートする点です。

6月14日まで参加者を募集していますので皆様の応募をお待ちしています。

1. BRAVEを通じて参加者の皆様が得られるメリット

(1) 事業化に向けた研究開発費の獲得機会
(2) 経営者や幹部等の採用によるチーム強化
(3) 専門家や経験豊富なメンターによる事業化のブラシュアップと事業化に向けたネットワーク構築等です。

2. 対象者:

応募資格応募できるのは下記の条件を満たす方(チーム)です。

  • 技術シーズの事業化に高い関心を有し、将来起業することを視野に入れている。
  • 社会人、学生、国籍は不問。
  • 応募者は、応募に当たって、1つのチームのみに属すこととし、1チームが提出できるプランは1つのみとすること。
  • 会社設立の有無は問いません。
  • 原則として、キックオフ(7/20)、合同研修(8/3-4)、ピッチ大会(9/20)に参加できること。ただし、応募チーム全員の出席が難しい場合は個別にご相談ください。

募集領域は以下の通りです。
ロボット、IT/IoT、AI、Big Data、創薬、バイオ、医療機器、新素材をはじめとしたハイテク分野

3. スケジュール

2019年6月14日 エントリー締切
2019年7月20日 キックオフ
2019年8月3日、4日 研修プログラム(講義・ピッチ練習)
2019年9月20日 ピッチ大会(招待制)

4. 応募方法

下記URLよりエントリーいただくと、応募書類をダウンロードできます。
応募書類をメールでご提出いただき、応募完了となります。
http://brave.team/

5. その他

開催地:都内
参加費用:無料(交通費等は実費負担になります。)
※ご協力いただけるパートナー企業も同時に募集しております。本プログラムに対するご不明点等は下記までご連絡ください。

BRAVE運営事務局
info@brave.team

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機強相関電子材料の可逆的な絶縁体-金属転移の誘起に成功
  2. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  3. 豚骨が高性能な有害金属吸着剤に
  4. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  5. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  6. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Ch…
  7. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  8. 特許の基礎知識(3) 方法特許に注意! カリクレイン事件の紹介…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  2. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  3. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発
  4. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  5. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  6. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授
  7. 第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!
  8. 深海の美しい怪物、魚竜
  9. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction
  10. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP