[スポンサーリンク]

会告

研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラム”BRAVE”参加者募集

[スポンサーリンク]

経営人材の獲得を通じてチーム体制が強化できる、国内最大規模の技術系特化型アクセラレーションプログラム「BRAVE 2019」の参加者を募集しています。化学関係の研究者・ベンチャーのご応募を歓迎しています!

BRAVEは国内最大規模のテクノロジー特化型の、約二か月間のアクセラレーションプログラムで、革新的科学技術を用いて実用・事業化を目指す研究者、または創業前後の技術系ベンチャーの事業化を支援します。最大の特徴は、経営人材候補の採用・育成を通じて、参加チームの体制強化をサポートする点です。

6月14日まで参加者を募集していますので皆様の応募をお待ちしています。

1. BRAVEを通じて参加者の皆様が得られるメリット

(1) 事業化に向けた研究開発費の獲得機会
(2) 経営者や幹部等の採用によるチーム強化
(3) 専門家や経験豊富なメンターによる事業化のブラシュアップと事業化に向けたネットワーク構築等です。

2. 対象者:

応募資格応募できるのは下記の条件を満たす方(チーム)です。

  • 技術シーズの事業化に高い関心を有し、将来起業することを視野に入れている。
  • 社会人、学生、国籍は不問。
  • 応募者は、応募に当たって、1つのチームのみに属すこととし、1チームが提出できるプランは1つのみとすること。
  • 会社設立の有無は問いません。
  • 原則として、キックオフ(7/20)、合同研修(8/3-4)、ピッチ大会(9/20)に参加できること。ただし、応募チーム全員の出席が難しい場合は個別にご相談ください。

募集領域は以下の通りです。
ロボット、IT/IoT、AI、Big Data、創薬、バイオ、医療機器、新素材をはじめとしたハイテク分野

3. スケジュール

2019年6月14日 エントリー締切
2019年7月20日 キックオフ
2019年8月3日、4日 研修プログラム(講義・ピッチ練習)
2019年9月20日 ピッチ大会(招待制)

4. 応募方法

下記URLよりエントリーいただくと、応募書類をダウンロードできます。
応募書類をメールでご提出いただき、応募完了となります。
http://brave.team/

5. その他

開催地:都内
参加費用:無料(交通費等は実費負担になります。)
※ご協力いただけるパートナー企業も同時に募集しております。本プログラムに対するご不明点等は下記までご連絡ください。

BRAVE運営事務局
info@brave.team

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  2. フラーレンが水素化触媒に???
  3. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  4. リンと窒素だけから成る芳香環
  5. 燃えないカーテン
  6. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  7. bothの使い方
  8. ビニグロールの全合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction(PCR)
  2. 生物学的等価体 Bioisostere
  3. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入
  4. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  5. 第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!
  6. Z-選択的オレフィンメタセシス
  7. BASFとはどんな会社?-2
  8. リンダウ会議に行ってきた③
  9. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  10. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP