[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

プラスマイナスエーテル!?

はじめのエントリーとして何を書くか迷いましたが、別に迷う必要もなく、好きなことを書けばよいと思ったので、適当な話題を書いていこうと思います。
今日は隣のベンチのドイツ人がエーテルのにおいを嗅いで(よい子はまねをしてはいけません。)、sweet!!と喜んでいたので(別に怪しげな人ではありません。)、そんなに好きなのか?と聞いたら、ああ、いいねぇ~でもプラスマイナスエーテルの方がいいにおいだよ!っと言われました。

プラスマイナスエーテルってなに?頭の中に、ラセミ体のエーテル、つまり(±)-なんちゃらエーテルが思い浮かびました(苦笑)。適当に流そうかと思いましたがナニソレ?って聞いたら、構造を書いてくれました。

plusminusether.gif

おお!!確かにプラスマイナスエーテルだ!普通に日本でも言うのかもしれませんが(汗)。

ちなみに本名はMethyl-tert-butylether。略してMTBEといいます。いまはつかわられ入ませんが、ガソリンのオクタン価を上げるためにつかわれていいたアンチノック剤です。

ただ、発がん性が報告されているのでむやみにかいだりしないように。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. THE PHD MOVIE
  2. フェノールのC–O結合をぶった切る
  3. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  4. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  5. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  6. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  7. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  8. 名古屋市科学館で化学してみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  2. ChemTile GameとSpectral Game
  3. ギ酸 (formic acid)
  4. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation
  5. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  6. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  7. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  8. 理系の海外大学院・研究留学記
  9. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  10. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP