[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama

檜山爲次郎 (ひやま ためじろう、1946年8月24日 -)は、日本の有機化学者である。京都大学名誉教授、中央大学研究開発機構 機構教授。

経歴

1969 京都大学工学部工業化学科 卒業
1971 京都大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程修了
1972 京都大学大学院工学研究科工業化学専攻 博士課程中退
1972 京都大学工学部 助手(野崎一教授)
1975 博士号取得
1975-1976 ハーバード大学化学科 博士研究員(岸義人教授)
1981 相模中央化学研究所・副主任研究員
1983 相模中央化学研究所 主任研究員
1988 相模中央化学研究所 主席研究員
1992 東京工業大学資源化学研究所 教授
1997 京都大学大学院工学研究科 教授
2010 中央大学研究開発機構 機構教授

 

受賞歴

1980 日本化学会進歩賞
2001 日本化学会欧文誌論文賞
2004 日本液晶学会(業績)賞
2007 有機合成化学協会賞(学術的なもの)
2008 日本化学会賞
2010 Bohringer Ingelheim Lectureship
2010 日本化学会欧文誌論文賞
2012 Humboldt賞
2012 Frederic Stanley Kipping Award in Silicon Chemistry

 

研究概要

野崎-檜山-岸反応の開発

野崎研究室在籍時に、二価クロムを用いる炭素-炭素結合形成反応を開発。現在では野崎-檜山-岸反応(NHK反応)という人名反応として呼称される。

kncoup2.gif

野崎-檜山-岸反応

有機ケイ素試薬を用いるクロスカップリング反応の開発

現在では彼の名を冠する人名反応・檜山クロスカップリングとして定着している。

hiyama_coupling_1.gif

檜山クロスカップリング

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  2. 遠藤守信 Morinobu Endo
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishe…
  5. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  6. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  7. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  8. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  2. カリックスアレーン /calixarene
  3. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  4. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  5. EUで化学物質規制のREACHが施行
  6. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~
  7. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  8. SPring-8って何?(初級編)
  9. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  10. ラウリマライドの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP