[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料に赤外線をあてて得られる吸収スペクトルを測定する分析法である。とりわけ、有機化合物にどのような官能基が含まれるかを決定したい時に威力を発揮す…

  2. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  3. 共役はなぜ起こる?

    tanukiのペンネームで有機化学現象に関する量子化学での研究結果をできるだけわかりやすい形で紹介さ…

  4. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

    スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2004年のノーベル化学賞をイスラエル工科大学のアーロン・チェ…

  5. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

    2002年のノーベル化学賞は、島津製作所ライフサイエンス研究所主任の田中耕一氏(43)、バージニア・…

  6. ハメット則

  7. 有機の王冠

  8. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  9. 1,2-還元と1,4-還元

  10. 香りの化学2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  2. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  3. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー
  4. 【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2023卒)
  5. 元素手帳2022
  6. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  7. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会

注目情報

最新記事

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

PAGE TOP