[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき一般的な話題

  1. Chemical Science誌 創刊!

    英国王立科学会出版部(RSC Publishing Group)から、先日新たな化学ジャーナルが登場したのはご存知でしょうか?その名も"Chemical Science"誌。広く化学全般を掲載対象にしています。Nature Publis…

  2. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~

    @drug_discovery 「化学者からみる「イケメン分子」ってのは、どんな…

  3. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」

    先日よりTwitterの#sci_onタグで寄せられていた「笑える実験大失敗」のつぶやきが、大盛り上…

  4. 化学系ブログのインパクトファクター

    このブログ「化学者のつぶやき」を立ち上げたのがおよそ3年前。今ではChem-Stationの一大…

  5. 化学とウェブのフュージョン

    新年度もはじまり皆様いかがお過ごしでしょうか。私は年度末にドイツ出張、そしてその…

  6. 239th ACS National Meeting に行ってきた

  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?

  8. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法

  9. 個性あるジャーナル表紙

  10. 人前ではとても呼べない名前の化合物

  11. ユニークな名前を持つ配位子

  12. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう

  13. 博士課程学生の奨学金情報

  14. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 1】

  15. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!

  16. ケミストリ・ソングス【Part 2】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  2. 砂糖水からモルヒネ?
  3. 第62回「分子設計ペプチドで生命機能を制御する!!」―松浦和則 教授
  4. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole Synthesis
  5. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

PAGE TOP