[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

さて2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)に続きまして、今年のノーベル化学賞の最終候補者・残りの3組を紹介しましょう!

George M. Whitesides, J. Fraser Stoddart, Seiji ShinkaiJulius Rebek, Jr (超分子、自己組織化)

Nobel Prize

 

ハーバード大教授のホワイトサイズ教授は、分子自己集合に関する先駆的研究で非常に有名な方です。九州大学の新海教授らとともにノーベル化学賞に最も近い研究者としてあげられています(トムソンISI・2005年度ノーベル化学賞候補者)。もちろん他の最高クラスの名誉賞(アーサー・コープ賞、米化学会賞、ウェルチ化学賞etc)は既に受賞しており、最近ではアメリカ化学会最高の賞・プリーストリーメダルを受賞しています。代表的な研究は多数ありますが、有機チオールと金などのナノ粒子を用いた自己組織化単分子膜(Self‐Assembled Monolayer: SAM)やミクロ接触印刷法(極微のスタンプを用いて単分子膜(SAM)のパターンを作り、これを基板上に転写する)[1]が特に有名です。

 

SAM

SAM(Self‐Assembled Monolayer)

九州大学の新海教授は、1979年に世界に先駆けてクラウンエーテルとアゾベンゼンからなる「分子機械」を開発しました。すなわち、化合物の光によるシス-トランス異性化反応を利用し、分子スイッチとしての応用を示唆しました[2]。その後カリックスアレーンの機能材料化や、それによるフラーレンの画期的新精製法の開発も行いました。その他にもボロン酸の化学修飾により、世界唯一の実用的人工糖センサーの開発、無機物質へのキラリティ転写など、多様な分野で多くの業績をあげています。

 

また、UCLAのストッダート教授、スクリプス研究所のレベック教授も分子認識/分子機械の分野では第一人者です。

 

よく、これらの研究は実用的でなくお遊びに近いと言われたりしますが、研究者がすべて実用的なものを考えていたら、基礎研究はまったく進みません。もちろん実用化までこぎつけることができたら、素晴らしい研究者でありエンジニアであると思いますが、なかなかそううまくはいきません。sしかし、これらの基礎研究を発展させた実用化事例は実際には多くあり、彼らの数年以内のノーベル賞は間違いないと考えられています。

 

[1] a) Xia Y. N; Whitesides G.M Angew. Chem. Int. Ed. 1998, 37, 551. b) Aizenberg, J; Black, A. J.; Whitesides, G. M.: Nature 1998, 394, 868.

[2] Shinkai, s.; Ogawa, T.; Nakaji, T.; Kusano, Y.; Manabe, 0. Tetrahedron Lett. 1979, 4569.

 

関連リンク

 

 Sumio Iijima, Morinobu Endo  (カーボンナノチューブ)

Nobel Prize

 

日本発の材料であるカーボンナノチューブ。この発見・合成には名城大教授 飯島澄男[1]と信州大教授 遠藤守信[2]が中心的な存在となっています。これによりノーベル候補者として毎年両氏の名前が挙がっています。

最近では、飯島教授はナノホーン[3]、遠藤教授はナノペーパー[4]と、カーボンナノチューブから発展させた材料開発も非常に精力的に行っています。フラーレンを発見したハロルド・クロトーリチャード・スモーリー、ロバート・カールが1996年に既にノーベル化学賞を受賞していますが、カーボンナノチューブが一般的にフラーレンと似たようなものと考えられているがゆえ、受賞はなかなか難しいのでは?・・・そういう声もあがっています。しかし、フラーレンに比べて材料としてのポテンシャルは大きく、多くの実用化も期待されています。

Nobel Prize

カーボンナノチューブ(左)とカーボンナノホーン(右)

 

[1] a)Iijima S. Nature 1991, 354, 56..;b) Ijima S.; Ichihashi T.; Nature 1993, 363, 603.

[2] Oberlin A; Endo M; Koyama T., J Cryst Growth, 1976, 32, 335.

[3] Umeda, K., Tanaka, A., Yudasaka, M., Iijima, S., Proc. Annual Conf. of JAST, 207 (2002-5).

[4] Endo, M.; Muramatsu H, et al.Nature 2005, 433, 476.

 

関連リンク

 

 Tobin J. Marks, Walter Kaminsky, Maurice S. Brookhart (高分子触媒)

Nobel Prize

  チーグラー・ナッタ触媒普及後の、次世代高分子重合触媒の先駆的開発者達です。

工業的な高分子の合成に長い間活躍してきたチーグラー・ナッタ触媒やフィリップス触媒は、マルチサイト触媒(触媒の中に多くの活性点構造を含むもの)でした。1980年にハンブルグ大のカミンスキー教授は二塩化ジルコノセンとメチルアルミノキサンを組み合わせたメタロセン触媒というものを開発しました[1]。これは均一系のオレフィン重合触媒、すなわちシングルサイト-オレフィン重合触媒と呼ばれ、マルチサイト触媒に比べて活性点構造が均一であるという特徴から、狙った構造のポリマーを作ることができる重合触媒として注目されました。

ノースカロライナ大のマークス教授もこのシングルサイト触媒の第一人者で、いかにしてシングルサイト触媒が働くか、すなわちその作用機構の解明につながる重要な研究を行っています。

また、同じくノースカロライナ大のブルックハート教授はジルコニウムやチタンなどの前周期遷移金属でなく、ニッケル・パラジウムなどの後周期遷移金属触媒を用いて研究を行いました。それまで後周期遷移金属触媒では低分子量のポリマーしかできなかったのですが、1995年、α-ジイミン配位子として用いることで、後周期遷移金属触媒でもエチレンやα-オレフィンの高分子量重合体が得られることを初めて示しました[2]

メタロセン触媒等

 彼らの触媒研究を発展させて工業化された高分子材料は多くあります。チーグラー・ナッタ触媒を超える触媒の合成・研究を行った3人は、近くノーベル化学賞獲得が期待されています。

[1] Sinn, H; Kaminsky, W; Vollmer, H.-J.; Woldt, E , Angew. Chem. Int. Ed. 1980, 19, 390.

[2] Johnson, L.K.;Killian, C. K.;Brookhart M.S, J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 6414.

 

さて続いては、【ノーベル化学賞が取れそうで取れない、だけど取れるかもしれない化学者】へ!

 

関連リンク

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  2. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  3. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変…
  4. Pure science
  5. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!…
  6. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  7. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  8. Angewandte Chemieの新RSSフィード

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  2. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  3. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  4. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  5. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  6. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  7. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  8. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  9. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  10. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP