[スポンサーリンク]

ケムステニュース

呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委

塩化ビニール樹脂の強化などに使われる添加剤モディファイアーをめぐり価格カルテルを結んだとして、公正取引委員会は29日までに、独禁法に基づき、呉羽化学工業(東京)に約2億6800万円の課徴金納付命令を出した。

 公取委は、すでに独占禁止法違反(不当な取引制限)で、大手化学繊維メーカー鐘淵化学工業(現カネカ、大阪市)と三菱レイヨン(東京)に排除勧告を出し、2社は審判で争っている。呉羽化学に対しては2003年1月に米国メーカーに販売権を譲渡、事業撤退していたため勧告を見送り、違反があった期間について課徴金の納付を命じることにした。(引用:
日本経済新聞


モディファイアー(Modifier)の国際カルテル疑惑です。モディファイアーとカタカナでカタカナで書くとなんだかなんの火?と考えてしまうかもしれませんが、「変更するものとか人」「調節するもの」とかという意味です。modify(修正する、変更する)はよく使われますね。生物関連の分野では「変更遺伝子」の意味で使われています。


ぜんぜん話は違いますが、呉羽化学工業って名前を変更したんではなかったんでしたっけ?確認してみると10月に変更らしいです。


関連ニュース


呉羽化学、社名を「クレハ」に

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  2. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  3. MUKAIYAMA AWARD講演会
  4. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  5. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  6. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  7. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  8. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  2. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  3. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  4. オキソニウムカチオンを飼いならす
  5. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  6. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  7. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑩:メクボール の巻
  9. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  10. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP