[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成のための遷移金属触媒反応

[スポンサーリンク]

 

  • 内容

?錯体触媒を用いる有機合成反応をその有用性の見地から簡潔に解説。それぞれの反応を理解しやすいように適切な最小限の代表例を選び、簡明な反応機構で説明する。

  • 対象

?有機合成を学ぶ大学生以上

 

  • 評価・解説

パラジウム化学の大家、辻二郎先生による著。有機金属化学の基礎的知識、反応性、合成活用例などを解説しています。反応形式毎に分類されているため、実用的な知見を欲する有機合成化学者にとって分かりやすいレイアウトとなっています。
2008年刊行の本書は、最新の知見がふんだんに盛り込まれています。例えばエンイン・アルキンメタセシス、C-H活性化反応、パラジウムクロスカップリングなど、最近進展著しい分野についても記載があります。このようなところまでフォローされている日本語書物は、現時点では他にありません。待望の一冊です!

 

  • 関連書籍

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  2. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of th…
  3. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編
  4. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計…
  5. 有機反応の仕組みと考え方
  6. 2016年4月の注目化学書籍
  7. 元素手帳 2018
  8. NMR in Organometallic Chemistry

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  2. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  3. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  4. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  5. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  6. π-アリルイリジウムに新たな光を
  7. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  8. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  9. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  10. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前、手塚治虫氏の作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載ってい…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP