[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成のための遷移金属触媒反応

[スポンサーリンク]

 

  • 内容

?錯体触媒を用いる有機合成反応をその有用性の見地から簡潔に解説。それぞれの反応を理解しやすいように適切な最小限の代表例を選び、簡明な反応機構で説明する。

  • 対象

?有機合成を学ぶ大学生以上

 

  • 評価・解説

パラジウム化学の大家、辻二郎先生による著。有機金属化学の基礎的知識、反応性、合成活用例などを解説しています。反応形式毎に分類されているため、実用的な知見を欲する有機合成化学者にとって分かりやすいレイアウトとなっています。
2008年刊行の本書は、最新の知見がふんだんに盛り込まれています。例えばエンイン・アルキンメタセシス、C-H活性化反応、パラジウムクロスカップリングなど、最近進展著しい分野についても記載があります。このようなところまでフォローされている日本語書物は、現時点では他にありません。待望の一冊です!

 

  • 関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  2. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解…
  3. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  4. Greene’s Protective Groups…
  5. これならわかる マススペクトロメトリー
  6. 理系のための口頭発表術
  7. 基礎から学ぶ機器分析化学
  8. Semiconductor Photocatalysis: Pr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  3. ポメランツ・フリッチュ イソキノリン合成 Pomeranz-Fritsch Isoquinoline Synthesis
  4. 高知和夫 J. K. Kochi
  5. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  6. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  7. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  8. 三中心四電子結合とは?
  9. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタレン多量体・バイオインスパイアード物質変換・エラジタンニン・モルヒナン骨格・ドナー・アクセプター置換シクロプロパン・フッ素化多環式芳香族炭化水素
  10. 銀を使ってリンをいれる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP