[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

タミフルの効果

[スポンサーリンク]

 

今年もインフルエンザ流行の季節がやってきました!一昨年より話題となっているロシュ社のインフルエンザ治療薬タミフル。今年はタミフル耐性菌といわれ、タミフルが効かないインフルエンザも多数出現しているようです。抗生物質のようですね。それでもタミフルは今年も大活躍するのでしょうか。ところで、効果はいかに!?

 

実際インフルエンザにならないと処方されないので知らない方が多いと思います。体験してみました!

と、もうお分かりでしょう。そう、インフルエンザにかかりました。人生初です!以下、タミフル体験記を述べます。

 

経緯を述べますと、同僚2人が体調が悪い(実際はインフルエンザにかかっていた)ときに一番近くにいたのが原因なわけですが、初日、少しせきが出始める、次の日起きたらすでにだるく熱がありそうな気がしたが気にせず大学に。昼を過ぎるともう暑くてたまらず、体温を計ってみると38.1度。同僚からインフルエンザであったと聞かされ、皆にうつさないよう急きょ帰宅。病院が4時からであったので、横になって休んでいたらいつのまにか寝てしまって6時に。体温を計ってみると39.4度。これはやばいと思い、病院へ。病院で30分以上待たされ、診察とインフルエンザ検査をしてもらったところ、なんと結果は白。インフルエンザではないと。ただ、インフルエンザは発症して数時間は検知されないことがあるからまた明日きてくださいと。だからタミフルは出せませんと。ごねてみたが、待望のタミフルはもらえず、解熱剤と咳止めと、抗生物質のみをもらって家に帰って寝る。

 

次の日、体調の悪さはピークへ。こんなもの体験して事がなく絶対にインフルエンザであると確信し、病院へいく。また40分くらい待たされる。結果、きれいなインフルエンザA型ですね。これで待望のタミフルを処方できますよと言われる。正直しんどいので、もっと効果がいいものはないのかときいてみたところ、今のインフルエンザ治療ではタミフルが最強だそうだ。というより、これがだめだったらすぐには対処できないとのこと。10代の人に対してはリレンザを処方するが、それ以外はすべてインフルエンザならばタミフルであるということを言っていた。そこまで言わせるタミフル。効果は抜群なのだろうな。。。と思い、帰宅しご飯を食べたのち、タミフルを1錠飲んで寝る。

 

夕方、体の痛みは変わっていないが、熱は37.1度まで下がり、ちょっと体が軽くなった気が。解熱剤が効いているだけの可能性もあり、また夕飯を食べて、タミフル飲んで寝る。

 

朝、すこぶる快調。まだ咳は少し出て、ちょっと体が痛いが、これは寝すぎであるということなのかもしれない。身をもってしてタミフルのすごさを知りました。

 

1日2回5日分をすべて飲めば普通ならインフルエンザウィルスをすべてやっつけてくれるそうだ。素晴らしい効果である。まあもちろんインフルエンザなんてならないほうがよいし、予防注射をしたほうがいいなと感じましたが、タミフルがあるうちはタミフル耐性インフルエンザは別にして、とりあえず安心かなと思いました。やっぱり体験してみるのが一番ですね。

 

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 階段状分子の作り方
  2. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人…
  3. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタ…
  4. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モータ…
  5. 高分子を”見る” その1
  6. 単結合を極める
  7. 創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTO…
  8. 水と塩とリチウム電池 ~リチウムイオン電池のはなし2にかえて~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  2. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成
  3. 2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く
  4. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  5. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  6. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  7. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる
  8. Amazonを上手く使って書籍代を節約する方法
  9. 安全なジアゾ供与試薬
  10. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP