[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設

[スポンサーリンク]

かんたん

環境省は、身近な場所から排出される化学物質の環境リスクや、その低減に向けての取組みを考えるための小冊子シリーズ「かんたん化学物質ガイド」の内容をインターネット上から学習できるサイト「かんたん化学物質ガイド(e-ラーニング版)」の提供を開始した。(引用:ECネット)

?フラッシュで作成されているサイトです。博士とさくらさんたろうくんとペットのドリブル、スノーとで乗り物の化学物質や身の回りの化学物質を紹介しています。

? なかなかよくできているので是非行ってみて下さい。

関連書籍

丸善
中西 準子(編集)東野 晴行(編集)
発売日:2005-01
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:200042
おすすめ度:
4.0
おすすめ度4
環境問題 あれこれ
おすすめ度4
環境リスクを知る手がかり
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 医薬品の黄金世代到来?
  2. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  3. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  4. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  5. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  6. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  7. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  8. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Innovative Drug Synthesis
  2. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  3. 世界初の気体可塑性エラストマー!!
  4. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③
  5. e.e., or not e.e.:
  6. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  7. ウェブサイトのリニューアル
  8. トップリス ツリー Topliss Tree
  9. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  10. 医薬品の黄金世代到来?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP